ad_poem.png

2010年06月30日

子供のこと

こんにちは。野々花です。

またしても子供のことで悩む最近です。
私は二年くらい前に主治医から子供は勧められないといわれました。しかし、ふと思ったのです。あれから二年。エビリファイという自分に合った薬に出会い、症状も安定し、主治医も代わり、もしもう一度今の主治医に「子供は望めますか」という質問をしたらなんていわれるだろうと。

医師から子供は勧められないといわれた日から、私たち夫婦はふたりだけで生きる人生設計を組み立ててきました。だから急にもし「今ならもう大丈夫ですよ」といわれても、この人生設計は簡単には変えられない。だから主人は子供をもつことに反対。

でも。

えいや、で産んでしまったらどうだろう、なんてことが頭をよぎるのです。産めるとすれば年齢的にもリミット。私は自問自答しています。本当に本当に私は子供がほしいのか。リスクがあっても、障害を抱えた子供が産まれてきても、責任を持って育てられるか。

明後日、通院日です。主人は反対していますが、一応医学的にはどうなのか、聞いてこようと思います。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 10:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月28日

見えない障害

今日も真夏日の北海道です。こんにちは、野々花です。

暑くてさすがにエアコンを入れて家にこもっています。畑の作物に水をやりに行かねばなりませんが、こう日差しが強いと目眩すら覚えます。

さて、最近「私はやっぱり病気なんだなあ」と感じさせられることがありました。何にもしないで家にいるだけならさほど感じませんが、先日翻訳の依頼を受けてから、一日にたった数時間頭を使う作業をするだけで、脳が疲労しているような感覚に襲われるのです。脳が疲労するって変な言い方かもしれませんが、考えたり、感じたりする力ががくんと落ちている気がします。やっぱり就労能力がないのだなと改めて気づかされ、ちょっと情けない気持ちです。幸い今回は期限も設けられていないのでゆっくり乗り切れそうですが。

統合失調症は脳の神経の病気。陰性症状しか出ていないとしても、知覚、意欲、体力、集中力、注意力・・・様々なところに障害を負っている。目に見えないからわかりにくいけれど、きちんと「見えない障害」を受け入れて生活を組み立てていかねばならないんだと思いました。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 15:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月27日

細々と続ける

暑いですね、こんにちは。野々花です。

北海道も真夏日。じめじめはしていませんが暑いです。庭にはラベンダーが咲き誇り、イチゴが収穫期を迎えています。ナスの花も咲いたし、実りの季節が北の大地にもやってくる気配です。

おととい、久しぶりに翻訳の依頼があり、打ち合わせに行ってきました。来年医学書の訳本が出ますw楽しみです。ゆっくりペースで作業できる環境にあるので、一日数時間、パソコンと辞書を前に頭をひねっています。

文学部出身でも、せめて翻訳という特殊技能が身についていてよかったなあと思うこの頃。今は病気療養中ですが、いつか(いつ?)元気になったら翻訳で食べていこうと考えています。在宅ワークなので、集中力が切れたり疲れたりすると、気分転換にお掃除や料理ができる。家事が隙間時間に出来てしまうのです。

この病気を考えると外に働きに出るのはたぶん一生無理。でも私はそんなこと悔やみません。こうして細々と出来ることを続けようと思っています。無理せず、少しずつ社会復帰できればいいなと思います。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月25日

間引き

皆さんこんにちは、野々花です。

今朝は畑に出てニンジンの間引きをしました。両手いっぱいに引き抜かれた若芽たち。間引きするときって心が痛みますね。どれもかわいい子で、でも一番丈夫そうな芽だけ残して弱いものは捨てる。強い者だけが残される。人間くらいでしょうか、こうして病気をしていても淘汰されることなく生きる権利も一応は保障されている。

これはダイコンのカイワレを間引きしたときに書いた詩です。

救い主

小雨降る畑に整列するカイワレよ
青々と茂る双葉たちよ
今まで大事に育ててきたが
私は今日おまえたちを裏切る
ピンセットをもち根こそぎに
一本、一本、いのちを間引く
いまだ小さな子供たち
抜かれたその根のか細いことよ
私を残酷と思っているか
許しておくれ、この不平等を
人間様に限っては
良き者に混じり 強き者に混じり
悪く弱くとも生きるのだ
優秀なおまえたちを抜くのはつらい
そんな私はおまえたちを集める
そろそろ鍋が煮立つころだ

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 11:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月23日

子供

子供を持たないという選択をした私たち夫婦。
それは医師のことばが決定づけたし、納得もしている。でも、実際この決断は私にとって「断腸の思い」というわけでもなかったのだ。

道行く子連れの母親を見ても、子供がかわいいと思う代わりに、身を呈して子のために尽くす一心な母親の姿に「大変だなあ」と思うだけ。

望めないのか。
望まないのか。

女性ならば本能的に子供がほしいと望むものなのではないのか。何故私にはそういう気持ちが欠落しているのだろう。体が出産・育児に耐えられないからだろうか。考えている。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 07:40 | Comment(8) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月21日

仕事も子供も

共働きか、子供が出来て専業主婦になるか、どちらかは手に入ると思っていた―

結婚前に夫と私はそう思っていた。結局どちらとも手にはできなかった。今落ち込んでもしょうがないことだが、心は頭のいうことを聞いてくれない。なぜか昨夜からずっと尾を引きずっている。

働く力は私にはない。少なくとも今は。子供を産み育てることもできず、話し合って諦めた。とっくに片付いた問題なのに、どうして心は沈んでいるのだろう。夫への申し訳なさだろうか。自身のふがいなさからだろうか。その両方かもしれない。

働きたい。元気で働いて収入を得たい。堂々めぐりにしかならないこの考えがいつまでも頭の中を旋回している。今の主婦生活を受け入れられた矢先だったのに。なんだか苦しいよ。苦しい。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 10:01 | Comment(10) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月19日

夏いろいろ

みなさん、こんにちは。野々花です。

暑いですねー。いや、さすがに北海道も今日こそは夏!という感じです。お天気晴れ。窓という窓を全部開けて風を通しています。格好はシフォンのミニスカートに黒のパーカー。今はやりの「大人かわいい」を意識して。

さて、休日の今日は(いや、主婦は休日ではありませんが)いろんなことをしてました。今年初、カキ氷の「みぞれ」を食べ、「ジャンボアイスもなか」食べ、リビングのラグを買い替え(部屋の印象が変わった)、大学受験用の英語を再勉強してみたり・・・

そう、ドイツ語専門だった私は(言い訳)10年ほどあまり英語に触れておらず、そろそろすっかり忘れそうなのでここはしっかり持ち直そうと思い立ったのです。忘れてる単語やら構文をキチンと取り戻そうとお勉強。学生の頃は毎日図書館でNew York Times とか読んでたんですけどね。研究でドイツ語どっぷりになってしまって。いかん、いかん。たとえ主婦という今の立場で使わなくても、身に着けた語学は取り戻さねば。

受験時代には丸暗記だったものが、言語研究者になってからもう一度同じものに触れると、全然見方が違うんですよね。簡単なテキストでも、作る側の観点が入ったり、ドイツ語と無意識に比較してたり、言語学のめがねで見たり・・かなり面白いです。

みなさんもこの暑い夏、できれば楽しく乗り切りましょう。

今日はかなり元気な野々花でした。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 16:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月17日

毛虫退治

今日は毛虫を退治しました。こんにちは、野々花です。

畑のダイコンの葉をよく見ると、なんと憎らしき毛虫がびっしりと張り付いているではありませんか。気持ち悪いを通り越し、怒りがフツフツと湧いてきました。ダイコンの葉が穴だらけ。

そして。

私は以前作っておいた「自家製虫退治酒」を上からぶっかけました。これはある知り合いから教わってつくったものなのですが、真っ赤なトウガラシを安い酒に漬け寝かしたもの。虫を殺すのではなく遠ざけるもので、香よく、色も紅色に染まっています。これをかけたのです。

さて、効果のほどはどうでしょうか。とりあえずみんな毛虫度たちは葉から落ちました。効くといいなあ、効いてほしいなあ・・・

というわけで、いっきに目が覚めました。寝不足でうとうとしていたのですが。うちは無農薬主義で一切農薬は使わないんです。ので、毛虫のつく葉物の栽培は大変です。

雨も降り、土の匂いがします。6月の北海道、作物も人間も濃い夏の空気に癒されています。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 14:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月16日

心の平和

皆さん、こんにちは。野々花です。

昨夜も夫が帰宅午前1時過ぎ。私もずっと眠れず、帰宅後ご飯を温めたりしてなんだかんだと遅くなり、寝不足です。この病気、規則正しい生活リズムがあってこそ治るようなもので、ちょっと体にこたえています。だるい、ひたすらだるい・・・

古い考えかもしれませんが、こんな非常時だからこそ、妻の私が家庭をしっかり守って夫が安心して家を空けられるようにするのが役目かな、と。そう言い聞かせて、少し寂しい気持ちを保っています。

もう6月の半ばになりましたね。早いものです。庭にはモンタナという純白の花が咲き誇っています。ラベンダーもつぼみを膨らませ、畑の作物もぐんぐん伸びています。

私の生活は、庭・畑と家事、詩だけ。シンプルだけど平和な暮らしです。心が平和であること。この素晴らしさは、病み荒んでいた嵐のような20代を思うとしみじみ感じます。統合失調症という嵐は、周りの何もかもを巻き込んでめちゃめちゃに壊していきましたから。

どうかこの簡素な生活が続きますように。この当たり前でない幸福をどうか続けさせてください。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月14日

上昇志向

北海道も初夏の陽気。みなさんいかがお過ごしですか。

私は最近の寝不足を解消しようと昼間からゴロゴロ。そして「チャングムの誓い」のDVDを観ていました。ご存知の方は多いと思いますが、宮廷女官に上り詰めた主人公が濡れ衣をきせられて流刑となるも、今度は復讐するために医女になろうと都に戻る長い物語です。その間、武官との恋や友情など様々な情景が描かれ、ぐいぐい観る者をひきつけます。

しかし―

ちょっと最近うんざりなのです。主人公の飽くなき上昇志向。いくら復讐や遺志をまっとうするためとはいえ、上へ上へとそればかり。現代でいうところのキャリア組みですね。どこまでも上に上ろうとする。それが悪いというのではないのですが、なんだか観ている方が疲れてしまって。そろそろ武官と結婚するとか、ひとりで鋼のように強く生きなくてもいいんじゃないかとか。何もかもをひとりで頼らず成し遂げようとする。私の周りにもそういう生き方の人がいます。まあ、ドラマはそういう女性の生き方が受けてるのでしょうが、そんな生き方ばっかりじゃなくていい。

私は病気を背負っているため、はなからそんな強い生き方はできません。誰かに頼らなくては生きられません。でも人はみなひとりでは生きられないことを誰よりもよく知っているつもりだし、互いを慈しみ合い生きている今が好きです。大学、大学院、研究者・・私も上へ上へと頑張っていた時期がありましたが、それを捨てました。

平凡な主婦でいることを受け入れつつある今。ドラマを観ながら、そんな素敵な現在があることに気がつきました。私、今の生活が好きです。今の私が好きです。

野々花でした。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 15:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月13日

確かに歩いてる

くたくたの野々花です、こんにちは。

仕事の忙しい夫は昨日も真夜中過ぎの帰宅。それからご飯の準備をしてお皿の後片付けをし、寝付くのには午前2時、3時。規則正しい生活が必要な私にはちょっとハードな日々です。夫は土日も出勤するため、曜日感覚もなくなってしまいました。

でも今充実しているなあと思うんです。ひとを支えられているという実感がある。夫を支え、主婦としての役目を果たしている自負を感じることができる。夫もそれに応えてくれる。二人三脚で確かにこの足で歩いている。それがわかる喜び。

夫を通して社会を垣間見ているような気がします。景気、会社のこと、働くということ・・自分が直接社会に出ていけなくても、夫を通して何か外の空気を感じてる。

一緒に生きる相手がいることに感謝して、私は私の生活を組み立てよう。畑も毎日草取りや水遣りがあるし、詩も書くし、料理や洗濯もある。あなたと私、この運命共同体は自立した大人が紡ぐ二人三脚の物語なのだから。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 13:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月11日

富良野へ向かって頑張る

最近は夫の帰りが遅く、しょんぼりしている野々花です、こんにちは。

仕事が繁茂期に入り、連日帰りが午前様の夫。
私が作った冷たくなったご飯を食べて、夜中に就寝。
サラリーマンの夫に妻の私が何をしてあげられるでもなく、せめてご飯やお弁当を美味しく作るくらい、そのくらいのことしかできません。ふう・・・

でも夫婦って一緒に頑張っているんだという実感があります。私まで倒れるようなことがあってはならないので、せめて夫を少しでも支えられるようにと体調を整えたりしています。

話かわって、チャングムの誓い、相当よく出来ていますね。チャングムとハンサングンが流刑になるシーンには泣きました。全編の約半分みたことになります。

今日は先ほどから、来月の連休の計画を立てていました。どこに行くって?富良野です!ラベンダーや美味しいものがいっぱい。そのときには必ず体調を整えて行こう!目標が出来て頑張れそうです。

今は夫が大変だけど、支えながら富良野に向かって頑張る!

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 15:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月10日

「我を張る」

「我を張る」ということばがある。
自己とか自分とか類似のことばに枚挙のいとまはないが、人間からだや気が弱くなると「我」というものを張れなくなる。我が消失し心もとなさが心を支配するようになる。病人は典型的だ。今私が立ち向かっている問題も、どうやって我をしっかりと持ち自分の生活を組み立てるかというものだ。

夫婦は一心同体ともいうけれど、所詮一人ひとりが自立しなければ上手くいかない。心もとなく、そよ風が吹けば飛んでいってしまいそうなときもあるけれど、自分がしっかりしなくては、と常々思う。

「我を張る」って以外と簡単ではないのだ。蚊のように小さくなって震えている人間だっている。我を押し通すオバサンにはなりたくないけれど、ある程度の強さを身に着けたい。私、〇〇をしたいの、と欲求や意志を強く持てるようになりたい。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 07:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月09日

匂いの季節

北海道に初夏が訪れる。

私は生まれてはじめて鎌を持ち、朝から庭の草刈に精を出した。草から放たれる青い匂い。しゃがめば私をすっぽりと覆うくらい背の高いスギナたちを私は気持ちよく刈っていった。昨日実家で嗅いだツヅジも、むせるような甘い匂いを放っていた。

匂いの季節。

匂いを嗅ぐことで世界は私に寄り添うように近くなる。嗅覚は世界を感じるためのもっとも重要な感覚器だと思う。嗅ぐことでそのものへの想像力をかきたてる。かつて病気のために鈍化していた嗅覚が、今敏感に反応していることで、私は生きている実感を強く感じている。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月08日

黒の花嫁

病状がある程度落ち着くと、少し活動力が出てきます。
でもひとりでできることは限られているし、行動範囲はもっぱらうちの庭と畑まで。そんな私は悲しみの庭に座ったり、優しい眼差しの植物に癒されるよりすることが他にありません。天気がよいのがせめてもの救いです。

孤独―

私のあとをひっきりなしについてまわる代物です。寂しさと悲哀と心もとなさが合わさったような、私のいわば伴侶です。孤独が詩を生み、詩が孤独を詠います。「黒の花嫁」という詩に詠われているとおりです。

黒の花嫁

孤独が私についてくる
後から後からついてくる
一生私を追うならば
いっそ嫁に迎えてやろう
白いユリでおまえを飾り
誓いの宴を催せば
おまえは私の影となる

私の先を行ってはならぬ
私を追い越してはならぬ
大きな気迫を私に満たし
老いていのち果てるまで
私のこころを強くせよ

孤独よ 私の花嫁よ

(吉川千穂・作)

孤独を一生かかえてゆくのでしょうか。もっと元気になって、ひとりで羽ばたけるようになりたい。私はいつもそう思っています。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 06:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月07日

週末終わって

皆さんこんにちは、野々花です。

昨日は石狩湾が一望できる素敵な喫茶店にいってきましたよ。海までは車で30分。高台にある「マウニの丘」という名の喫茶店で、美味しいチーズケーキとカフェオレをいただきながら、キラキラ輝く初夏の海を満喫してきました。

さて、今日からまたウィークディですね。私はお弁当作り等があるので5時半起き。いつものことですが。今朝はハンバーグ弁当を作りました。献立は一週間ローテーションを組んでいるので頭を使うこともなく、ルーチンワークをこなすだけです。

チャングムの誓いを観ていると、料理の世界がいかに深いかがわかりますが、この病状では新しいことに挑戦したり考えたりすることがまだ億劫なのでできません。「ただの主婦」ですが料理という奥の深い領域にいること。いつかこの立場をもっと肯定して謳歌したいと思います。

では今週も頑張りましょう!

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 06:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月05日

草刈に参加

行ってきました、草刈に。こんにちは、野々花です。

今日は町内会の草刈の日で、朝から行ってまいりました。
この団地も高齢化が進み、高齢の方がほとんどでした。
引っ越してまだ2年の私は近所に数名しか知人がおらず
お隣の気のよいおじいさんについて草取り。
ちょっとふらふらになって帰ってきました。体力ないなぁ。
唯一嬉しいかったことは、おばさんたちから「奥さん」ではなく「お姉ちゃん」と呼ばれたこと。まだまだいける、よし。

今日は休日。夫と久しぶりに街へ出ます。
体調が上向いてきたのが嬉しいです。
まだまだ油断はできませんが。

皆さんもよい週末を!

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 10:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月03日

いてくれてありがとう

アトピー痒くてうずうずしています、野々花です、こんにちは。

アトピーの痒み止めは、精神科でアカシジアの副作用止めとしてぺリアクチンを処方してもらっているのですが、どうにもなりません。かゆくて何にも集中できず悶々としています。

さて、話変わって、最近よく「いてくれてありがとう」ということばを使ったり頂いたりします。友人に教わった言葉です。相手に具体的に何をするわけでもないのですが、友人や家族に、存在していてくれてありがとう、と感謝を伝えるのです。このことば、とても素敵だと思いここで紹介させていただきます。相手の存在が自分の救いになる、そんなことってありませんか。病気でたとえ仕事が出来なくても、いるだけで価値があることに気がつかせてくれます。病気で弱ると「自分なんか」って、自分を卑下することもあると思います。でもひとりでもこの言葉をかけてくれる、あるいは自分が言える相手がいれば幸せだと思います。

読んでくださる皆さん、いてくれてありがとう。

野々花

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月02日

視線

体調が上向き始めました、野々花です、こんにちは。

最近の私は晴耕雨読の生活。庭と畑に出るのがもっとも病んだ神経をなだめてくれるため、なるべく外にいるようにしています。そして雨が降る今日などはパソコンに向かって詩を書いています。

箱庭療法というのがありますが、庭の土いじりはリアル箱庭療法。今の私には花たちや草木しかないんです。こんな心境になったのははじめてです。

あちこちに種が飛び小さな花を咲かせるスミレ。スミレには眼があるように思えます。視線を感じるのです(被害妄想ではありません)。濃い紫色に一点の黄が混じった三枚の花びら。なぜスミレがこんなにも私をとらえるのかわかりません。不思議です。

スイセンやチューリップが終わり、白いモンタナの花が咲き始めました。なんと美しい花!なんと可憐で清純な存在だろう。けれどモンタナには視線を感じない。どうしてだろう。

みな呼吸している。土も草もコスモスの芽も。

雨あがりの濃密な空気のなかで生物が息をしている。私もまた。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年06月01日

スミレ

スミレが咲き誇っています。
飛び火した種であちこちに一輪、二輪と日陰に咲いているのも風情があります。小さく可憐な紫の花びらは私にとって特別な存在のようで、詩にもよく登場します。

種から育てていたとうもろこしの苗を畑に移しました。草もいっぱい取りました。

庭に出ることが唯一私を慰めてくれます。治る日を信じ、今日も忍耐です。晴れていることが救いです。

つらい日も明るく乗り越える力が欲しい・・・

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。