ad_poem.png

2010年09月30日

人間たること

皆さんこんにちは、野々花です。

今日はすこぶる体調がよく、人間らしく過ごせました。そう、「人間らしく」。何かに意欲を持ち、意志をはっきりと示し、充足している自分の心身を愛おしく感じます。

日々、干からびたような生活をしているせいか、今日のような「活きた」一日がみずみずしく感じられてならないのです。逆に言えば、この病気がいかに人間らしさを奪うものであるかを思い知らされます。

喉が渇いてコンビニへ行った。単独外出ができた!
見たいテレビを見て笑った。感情の発生!
思考し、知的欲求を満たす。集中力の回復!

私は充足している。当たり前のことが当たり前に振舞える。人間らしいってこういうこと。

失われてはじめて分かる「人間」たること。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

夢を見る力

私は時々夢を見る。

寝ているときの夢じゃなく、未来の夢を膨らませるのだ。不自由な毎日に行き詰まり、閉塞感を打開しようと思ったとき、私は近い将来の計画を立てる。

たとえば旅行。インターネットで海外旅行ツアーのページを検索しては、「このホテルに泊まって、このレストランに行って、出費は・・・」と具体的に計画するのだ。今日はシンガポール行きの夢を見た。新婚旅行に行った場所。もう一度行きたいと、「地球の歩き方」を見ながら具体的な計画を練った。

実は私、この家で「楽しいこと考える係」なのだ。人間、病気でなくとも閉塞することはある。夫だって気がめいって将来が見えなくなることがある。だから私は係として、夢の話を作る。

想像力はひとを救う。現実に打ちのめされ、未来が見えなくなってしまったとき、何か楽しいことを考える訓練をする。それは簡単なことじゃないけれど。

泣くよりも、嘆くよりも、鍛えられた想像力で未来に色を塗る。そうすれば暗澹たる現実も少し違って見えてくるから。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月29日

今日も生きた。

一日一日を生きるので精一杯で、だから私はこう言った。

「今日も生きた。それでいい。」

隣の芝生がどんなに青く見えても、自分の芝生を刈るだけで精一杯で、孤独との闘いにも慣れてはきたけれど、それは半端ない。その闘いは半端ない。

今日はニンジンとサツマイモのグラッセに蜂蜜を入れてみた。ぐんと美味しくなった。小さな発見。そして詩をひとつ産んだ。面倒なのに掃除もできた。私、前進している。

亀のようにのろくても、目に見えない進歩でも、一ミリ前へ進むことはすごいこと。

今日も生きた。やっと生きた。
後退しないことを目標に生きてゆければそれでいい。

★吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 17:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月28日

かりそめ

今の暮らしがかりそめのものであるように感じるのです。

この家にひとりきり。雨の降る暗い夜空を眺めては、夫の帰りを待っているだけの私。だるい体を引きずるように、PCの電源を入れる。どうにもこうにも動かない私の体にため息をひとつ。さて何を書こうかしらとまたため息をひとつ。

いつ治るかもわからない病気なのに、それでも「これはかりそめ」と思ってしまう。現実を受け入れているようでそうでない。孤独だから。

ひとつ進歩がありました。今日、うちの畑で取れたサツマイモを使って、新しい料理をつくってみたことです。何か自発的に考え、行動する。これが私にとってとても難しいことだったのですが、本をみながら作ってみようと、ニンジンとサツマイモのグラッセを作ったのです。

小さな進歩にため息。それでも少しの前進を勝ち取ったのです。のろくても事態は動いてゆくのだから「この暮らしはかりそめ」。いい意味でそう信じ続けています。

★吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月27日

ことばが生まれる

言葉が生まれるのを待っている。
沈黙の時間が川のように流れる。
私はひたすら内なる声が育まれ、育つのを信じる。
積をきったように溢れことばが生まれるとき、詩は誕生する。
作るのではない、生まれてくることばの連なりを書き留めるのだ。

私は何のために書くのか。何のためでもない、目的はない。ただ生まれようとするものを産んでいるだけ。

詩人は待つことが仕事だと思う。日々、感性によって無意識に取り込まれる情報や記憶、印象などを蓄積し、大事に温めるのだ。

今日私は何を感じ生きただろう。その答えはいずれ出る。それが楽しみでもあり、恐れでもある。十三夜の日に詩を一つ書いた。一週間前だ。後何日待つのだろう。この沈黙を早く破りたい。

アカシジアが少し緩和した。そして今日も生きた。それがもっとも肝心なことだ。

★吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月26日

アカシジアって?

皆さんこんにちは、野々花です。

アカシジアがかなりつらいです。今朝「イライラ撃退法」などと書きましたが、やはりごまかしきれるものではありません。

では、アカシジアっていったいなんでしょう。
ウィキペディア等によれば、

【症状】座ったままでいられない、じっとしていられない、下肢の絶え間ない動きなどを特徴とする「静座不能症状」のこと。いらいら感なども生じるとのことです。

【原因】ドパミンD2受容体拮抗作用を持っている抗精神病薬による副作用です。私の場合、エビリファイです。何故今になって突然ひどくなってきたのでしょう。考えられるのは、疲労による症状の悪化か、症状緩和によって相対的に薬の血中濃度が多くなって来たからだと思います。私の場合、良くなっているのか悪いのか、それすらもわかりませんが、通院日を淡々と待つより他ありません。

【対処法】服用中のアカシジアの原因薬の減量、薬の切り替え、アカシジア止めのお薬の追加があります。ちなみに私はアカシジア止めとしてぺリアクチンを飲んでいます。

同じ病気をもっている方なら、経験したことのある症状だと思います。アカシジアについての基本知識でした。

★吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 16:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

イライラ撃退法

おはようございます、野々花です。

たぶん症状のひとつなのですが、体がずっとイライラして落ち着かない状態が続いていました。ガムを噛んだり駄菓子をカリカリかじったりして紛らわそうとするも、効果なし。大したことない症状にみえますが、本人はかなりつらい。

居ても立ってもいられない中、私はペンを持ち、徒然に思ったことを書きとめ始めました。詩の断片のようなものを次々と連ね、そうしているうちに身も心も次第に落ち着き、しんとした、まるで森の中にいるような感覚に陥ったのです。薬ではなく、吐いてしまうこと、文章になっていない断片の集まりを吐いてしまうことで私はいっとき救われました。

体がリラックスしていることの素晴らしさ。足を小刻みに震わせ続けることのつらさ。外から見れは何でもないような症状の一つが緩和されるだけで、こんなに楽になる。今日もまたイライラがやってきたら、書こう。

自分を救う手段を持っていることは、強さです。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月24日

現実逃避

こんにちは、野々花です。

めっきり寒くなりましたね。北海道はもう長袖を二枚重ね着する寒さです。今日は(今日も・・)ずっとうちにこもっていました。今朝からなぜか弱気になって、自分はどうして障害者になってしまったのだろうなどと、後ろ向きな考えが頭を支配していました。

つらくなったときに逃げる手段はいくつかありますが、今日はDVDを観て現実逃避していました。逃避したくなるような心境だったからです。韓国ドラマ『イ・サン』を観てました。

逃げたいとき、逃げられるときは逃げていい、私はそう思っています。一生懸命立ち向かうのではなく、決して明るくはない現実に真正面から立ち向かうのではなく、時をこのように受け流せるならそれもありだと。

普段は自分は恵まれている、と感謝して生きています。でも、ときには自分の置かれている境遇を恨めしく思い耐えられないこともあります。それにどう対処するか。つらい現実を前に、さらりとそれをかわす術をもちあわせなければ、生きてはいけないと思うのです。

私は逃げた。そうして今日も生きた。それでいい。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月23日

この道を突き進む

おはようございます、野々花です。

次第に秋も深まり、私の体調もそれなりに回復してきました。回復したら何をしたい?と聞かれれば、「詩を書きたい」。なんだかね、書かないと自分の存在が消えてしまいそうで、自分がこの歴史のなかに埋没してしまいそうで、怖いんです。声を上げなければ、声を―そう思って日々生きています。

健康で働ければどんなに良かっただろう、と愚痴っても何も始まりません。私は私の道に向かって突進するんです。自分だけに開かれた道だから、この道を歩まずしてどうする。脇も顧みず、ひたすら走るのです。そうすれば闇も怖くはない。暗い現実も見ないで済む。一目散に走ること、それしかないんです。

人間、あれもこれも選択肢がないほうが生きやすいかもしれませんね。これしかできなかった、これしか自分には残されていなかった、そのほうが案外楽なのかもしれません。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 07:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月21日

ついてくるなら、ついてこい。

こんにちは、野々花です。

寒くなりましたね。北海道はすっかり秋。長袖を着ています。今日は連休疲れのためか日中の大半を寝て過ごし、起き上がってパソコンに向かっています。

この夕暮れは寂しい時間。まるで人生の秋のような。ひとは皆年取っていくんだな、とかそんなことを感じながら庭を歩いていました。畑に作物の残骸。それを長靴で踏みしめながら、ひとり秋の空気を吸いました。

この病気は一生ついてくるんだろうか。一生私を追いかけてくるんだろうか。だるい体をゆっくりと動かしながら考えました。すると

「ついてくるなら、ついてこい、生きてやるから」

そんな声が畑から聞こえてきました。土は強いです。いのちの源だからです。土に触れていよう。そうすればこんな心もとない気持ちもどこかへいってしまうだろう。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 17:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月20日

三連休終わる

皆さんこんにちは、野々花です。

三連休も終盤、疲労で寝てばかりいます。夫と同じペースでは動けないし、昨日は詩を一篇書いてしまったので、脳はまたも極度の疲労状態に。眠っている間に時は刻々と過ぎ去り、それが漠然とした不安を呼び起こします。

眠っても、眠っても、疲労が取れません。どうして健常者と同じように動くことができないのだろうと、いまさらながら地団駄を踏んではため息をつきます。母が料理を作ってくれたので家事は免れましたが、何もしたくない、ただただ休みたくて体が死んでいます。

でもね、天気も上々で、いい休みだったな、と。体がしんどいこともあるけれど、夫と仲良く過ごせたし、それが何より大事なこと。皆さんの三連休はいかがでしたか。明日から私はまたお弁当作りです。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 17:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月19日

あの街

皆さんこんばんは、野々花です。

今日はひさしぶりにドライブに、といっても運転するのは夫ですが、行ってきました。新婚当時住んでいた、今の家から車で45分くらいのところにある副都心でです。私たちが生活を始めた場所、二人の人生の原点です。

毎日のように通ったスーパー。休日に行ったカフェ。懐かしい想いを胸いっぱいに吸い込んで帰ってきました。住んでいたのはたった一年半ですが、第二の故郷といった感じ。懐かしい街があるって素敵です。たぶん当時も病気で苦しい思いをたくさんしたのに、そんな思い出はひとつも残っていなくて、あの街は綺麗な、綺麗なまんまなんです。

皆さんにとって特別な意味をもつ場所、街はありますか。大切にしたい場所、思い出の場所・・

そっと心のうちにしまっておくような―

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月18日

三連休

こんばんは、野々花です。

少しずつ体調が上向き始めました。今日から三連休ですね。一日目の今日はうちでゆっくりDVDなど観ながらゆっくり過ごしました。古い映画ですが『ゴッド・ファーザー』を夫と一緒に観てました。アル・パチーノがいいんですよね。私好きです。

さて、明日はどこかへ食べに行こうといっていたのですが、最近体重増加気味の夫。外食は良くないということで、明日も頑張って私が手作りすることに。夫はもともと自己管理の良くできる人ですが、食事に関しては私の手料理を食べていることで良い食習慣をキープしていると思います。ほんとは外食したいけど、頑張るか。主婦ですもの!

連休というと、どこかへ出かけなきゃいけない風に考えてしまいがち。去年の今ごろは台湾旅行に行っていたなあ。元気が出れば明日どこかへ行こうと思います。皆さんもよい連休を過ごしてくださいね。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月17日

通院日でした。

皆さん、こんにちは。野々花です。

今日は朝一で通院してきました。二週間前から不調ですと伝えると、何がきっかけですか、と聞かれました。きっかけはわかりません。詩を真剣に書いたからその疲れとか?思いつきません。波があるんですね、とのこと。診察終了です。次回は4週間後になりました。

さて、明日から連休ですね。億劫さが強く家事をほとんど放棄していた私ですが、夫が休みともなるとそうもいきません。サボりたいな、全部投げ出したいな。でも頑張ってご飯つくるんだと思います。連休なのにため息。少しは夫に頼んで、外食で済ませてもらおうかしら。

秋の気配がします。北海道はすっかり季節が移り変わり、こおろぎの鳴き声が今も綺麗に聞こえてきます。平和な一日でありますように。何も特別なことは要らないから、平穏無事であってほしい。そう願っています。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月16日

泣いた

泣きました。久しぶりに。生きてると辛いこといっぱいあるね、でもたった一言がひとを救うこともあるんだ。

30年という月日を勉学に費やし、教養も知識も、博士号をとるまで頑張った。なのにこの病気という足かせのために、私はその高度に専門的な能力のほとんどを使えずにいる。人生を棒に振るも同然。自分の能力を生かせないこの足かせの大きさに、落胆と深い失望を覚え、ため息。

ところが、出張から帰った夫はこういいました。外食続きの出張から帰って私の手料理を食べて、「料理、上手くなったわ」と。ぽろりと発したその一言に私は泣きました。なぜって、結婚して4年弱、積み上げてきたものといえば毎日の家事くらいで、それも目に見えない階段を昇っているようで、気がついたら料理というほんの小さな進歩。自分の本領ではなくても、何か私も積み上げてきたんだ、と気づき、そしてそれをひとに評価された。

嬉しかった。障害者になんかなっちゃって、何もできなくなっちゃって。でも何でもいいかから、誰かに自分が評価されるということ。「上手くなったわ」の一言がどれだけ私を救ったかはきっと誰にもわからない。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 19:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

「つがい」

おはようございます。野々花です。

夫が出張のため、今日はひとりで朝を迎えました。不調のため、何もしたくない、本当に何もかも投げ出し放棄したいこの頃。夫が不在で幸い、うちでだらだらしています。生きようとする力がなかなか出てきません。そんなときは休むしかないのでしょう。

でも昨夜実家からうちに戻ったとき、思いました。年取ってどちらかがひとりになったら寂しいんだろうなあ、そしてその時は必ずやってくるんだよなあ、と。うちの建物は小さいのでまだしも、がらんどうになった大きなうちにひとりってやるせないんだろうなと思います。やっぱり人間は「つがい」で生きるのが自然な形なのではないかと思いました。

今晩は夫が帰ってきます。重い腰を上げて、夕食にしょうが焼きでも作ろうかと思っています。やっぱり私は夫が心底大事なようです。いつまで「つがい」として生きられるでしょうか。いつかひとりになるときのために、強くならないといけませんね。ひとりでも生きられる強さを持たねばなりませんね。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 08:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月15日

実家

皆さん、おはようございます。野々花です。
今日は夫が出張ということで実家で朝を迎えました。作らなくても朝食が出てくる!すごいですね。いつもこうだったらいいのに。

庭に露草の花が咲いています。コスモスも。あたりまえだけど、いつもと見える風景が違います。ここで育ったんだ、私。30年近くこの家に暮らして、まだ私の部屋もそのままに残っている。喜びも、笑いも、そして苦しい闘病の大半をここで行った。

この家のいたるところに私の嘆きが染みついています。ひとり孤独に庭を眺めていた自分がまだそこのベランダにいるようで、少しいたたまれない。ずっとこの家にいることはできない。いたたまれない思い出がよみがえってきそうだから。

私には帰る家があります。ここは訪ねる家。でもこうして何かあったときに戻れる実家というものがあることは、とてもありがたいし、いつまでもあるわけじゃないので大事にしていこうと思うのです。

時はどんどん経っていきますね。両親の老いも、遠くなるこの家の思い出も、実家に戻るたびに時の経過を切に感じます。かつてお世話になった「訪ねる家」とその主を大切に、これからの日々を生きていこうと思います。
posted by 野々花 at 08:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月14日

幸せ力

皆さんこんにちは、野々花です。

今日から夫が二泊三日で東京に出張に行くので、うちはがらんどうです。最近の体調不良に加え、夫のいない心もとなさが私に追い討ちをかけるようです。体がだるく、やっとの思いで家事を半分。不安や億劫さなど相まって、うつろな時間を過ごしています。

ひとりでいる日中はつらいけれど、夫が帰ってくるときだけは幸せな私。今の自分にはそれしかないので、それを大事に大事にしています。こんなに辛い毎日でも、幸せを感じる時間がちょっとでもあるから生きていられる。

人生、幸せをどれだけ感じられるかで決まるんだと思います。どんなときもポジティブシンキングで、前を向いて生きる。もっと日常のなかに幸せを感じる力を培いたいと思うこの頃です。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 08:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月13日

トンボ

こんにちは、野々花です。

北海道は秋の気配。頭上をたくさんのトンボが飛び交っています。漠然とした不安を抱えていたこの数日、かすかに聞こえるトンボの羽音が、私の心の震えのように感じられました。

つがいのトンボの群れ。空を埋め尽くし、交通渋滞さながらです。声を持たないトンボたちは懸命に羽を震わせて、己の存在を訴えているかのようです。

高い、遠い秋の空。何か大事なものが遠く及ばないところに行ってしまったようで、少し寂しい気持ちがします。私の心に宿った不安。どこからともなくやってきたトンボのように、またどこへともなく飛んでゆくのでしょうか。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2010年09月12日

不安。どことなく不安。

病気とは関係ないかもしれないが、昨日観た映画の余韻がずっと頭を離れない。不安で仕方ない。あまり刺激的な情報を頭に入れるのはよくないのかもしれない。

音楽にせよ、映画にせよ、芸術というものはひとのこころを揺さぶる力を持っている。私はそういう「刺激」をなるたけ避けて、心を平静に保つように生活してきた。愛すべき芸術から故意に離れ、別な、もっと心が静かになれるものを求めて生きている。なのに昨日は映画を観てしまった。しかもきわめて印象深い・・

心が揺れるのは好きではない。とくに不安や悲しみはいやだ。うつ病だった頃のうつ状態を思い出す。とてつもない苦しみを思い出す。統合失調症は気分障害ではないので、病的な不安や抑うつはないはずだ。だから刺激さえインプットしなければ平穏な暮らしができるはず。心が乱れるということがいやなのだ。怖いのだ。

刺激は要らない。つまらないと言われようが、ただただ平穏な心で暮らしたい。泣いたり、ドキドキ、ハラハラしたり、体当たりで生きるのは、私にはもう耐えられないんだ。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。