ad_poem.png

2011年01月31日

飢えるということ

陰性症状がつらいです。一日何もせずに終わってゆきます。人間らしく生きたい。そればかり願っています。何にでもいいから意欲や興味関心を持ち、行動につなげたい。それが奪われた今の私は、心の手足を失ったも同然です。

飢え、ということばがあります。飽食の時代の私たちにはなじみのうすいことばですね。しかし、私はときどき自らの内側にその「飢え」を感じることがあります。ごくたまにです。一つは、乾燥した冬に猛烈に喉が渇くときなどです。これは瞬間的に満たされてしまうものです。でも、ああこの飢えがあるから冷蔵庫を開け、ボトルを手に取り水を飲むのだと思いました。もうひとつは、心の飢えです。それは月に二回ほど、詩という形式をもって満たされます。

私に欠けている「飢え」。ときどき顔を出す「飢え」。渇望するという、生きる原動力のようなもの。それを追求したいのです。この陰性症状から抜け出し、飢え、渇望し、行動すること。生きるこの基本プロセスを私は今スローモーションで見ています。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月29日

自分らしく生きたいという欲

つい忘れがちのことがある。

4年前、結婚を決意したとき、思った。もう十分私は教育も受けさせてもらったし、自分のためにたくさん生きてきた。だから今度はひとのために生きようって。家庭のために、両親のために、身近にいる周りのひとのために。

けれどついそれを忘れてしまうことがある。

自分が、自分がと主張して、いつのまにか自分の人生に貪欲になって、健常者と比較して焦ったり、自分の時間をもっと贅沢に満たそうとしてしまう。

でも、ただ時間が過ぎてゆく人生はやはりもったいないと思う。まだ30代。ぼうっと過ぎてゆく生活はまだ早い。陰性症状という病気の性質上、ぼうっと時間ばかりが過ぎてゆく生活になりがちだけれど、もう一度精一杯、生きてみたい。精魂尽き果てるまで必死に。でもそれをやってはいけないんだ。病気を悪くして周囲に迷惑をかけることが一番いけないことだから。

自分らしく、人間らしく、生きたいよ。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 20:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月28日

陰性症状について

幻聴など、陽性症状が薬で抑えられている現在、目で見える症状がないため、私は本当に病気なんだろうかという疑いまで生じる有様。でも、目に見えない症状は確実に私を蝕んでいることを最近きちんと把握できるようになりました。

第一に、易疲労性。極度に疲れやすく、脳が働かなくなります。その結果、集中力や意欲、気力、興味関心などが低下します。引きもりになるのも、外に対する興味や意欲が削がれているから自然に無為に時間だけが過ぎていくのだと思います。

とにかく脳が疲れやすい。その結果招かれる精神活動の低下。これを陰性症状をいうのでしょう。慢性的な症状なので、治そうとするよりもつきあってゆくことを考えなければなりません。晴天の今日も私はひとり家で無為に時を過ごしました。もっと有意義な過ごし方が出来ないだろうか。本も頭に入らないし、できることが限られている。

限られた能力、与えられた能力でいかにQOLを高めるか。課題です。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 07:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月26日

コンビニに行けた

行けたんです、コンビニに。外出が困難だといいながら、実際困難なのですが、今日に限って一人で大きな道路(難所)を渡り、買い物をして帰ってきました。何故行けたかというと、「ポテトチップスが食べたい」という無償の欲求が抑えられなかったから。

人間絶対的な目標があれば、外へ出られるんですね。今まで引きこもっていて滅多に単独外出が出来なかった訳が分かりかけています。統合失調症の陰性症状で、疲労した脳が意欲や物事への興味関心を低下させ、行動力を奪っていたのではないでしょうか。

引きこもりのうち何割かが統合失調症だといいます。私も「ここへ行きたい」「あれがしたい」といった意欲、目的が失われ、自らの足で外へ出られないのだと思います。これからもそれは続くと思いますが、よく眠り疲労を取って、少しでも外へ出たい欲求を培おうと思います。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 15:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月25日

なぜ外出が困難か

この二年くらいの話です。単独で外出できないのです。近所の郵便局やコンビニ、スーパーなど、ひとりで行ったことは数えるほどです。なぜできないのか考えています。

郵便局やスーパーは踏み切りを越えていかねばなりません。それが少し怖い。コンビニも大きな道路を越えなければいけません。それも怖い。なぜ怖いのか。轢かれてしまうのではないか、車にはねられてしまうのではないか、などと怯えています。漠然と外にあるものすべてが怖い。動くものが怖いのです。

なぜこうなってしまったのでしょうか。ただの怠慢でしょうか。もし外出に対する強い意欲や目的があれば行けるのかもしれません。現に、病院には独りで行っている。それでもえいやっと頑張って行っています。

症状なのか、単なる怠けなのか。誰か同じように引きこもっている方がいらっしゃいましたらおしえてください。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 10:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月23日

何者でもない自分を生きる

脳が疲労しています。疲労すると人は誰しも身体の弱い部分にダメージがくるもの。私の場合は脳なのです。疲れが脳にくる。思考能力が衰退し、無感情、無感覚になる。陰性症状とでもいうのでしょうか。脳を休めるほかありません。

何者でもない自分に不安を覚えています。どきどきするくらい、私は幸せなのに、十分満足のいく人生を送っているはずなのに、何にもなれなかった自分にとてもドキドキしてしまう。どうしてでしょう。職業をもてなかったからでしょうか。自分のプロフェッショナルな何かを持てなかったからかもしれません。それが不満なのかもしれません。

何者でもない存在として生きるということは、一見簡単にみえます。しかし、人と比べず、いつも自分だけと戦う人生は、時として忍耐を強いられます。何者でもなくていいと心底思えるためには、相当に強くならならなければならない。絶対的尺度で自分を肯定するのです。

真に強い人間になりたい。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 15:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月21日

人間のふれあい

みなさんこんにちは、野々花です。

少し頭がざわざわしています。食欲も減退。でも調子はまあまあです。今日は雪のことで大変でした。屋根の雪下ろしを業者に頼んだのですが、いっぺんに雪が落ちてきて車庫の扉が破損、ガラスの破片が飛び散って夫の車を傷つけてしまったのです。直してくれることになりましたが、ちょっと落ち込み。それにしても雪の被害は甚大です。

一軒家に住むって大変なこともあります。雪かきが一番です。でも私はこのうちに住めて幸せです。マンション暮らしのときは、コンクリートで隔離されたような閉塞感のある部屋に一日居ましたが、今はご近所さんとの会話もあるし、家にこもって療養していても、外とつながっている安心感があります。皆が緩やかにつながっている。地域のつながりって素晴らしいと思います。

この病気になると、人との付き合いが困難になり、孤立しがちですよね。私も引きこもっておりますが、最近は雪かきを通して、近所の人と、何気ない会話をします。それが私にとって本当に嬉しく貴重なものなのです。人と少しずつふれあい、生きる。所詮、生きるって人と触れ合うこと以外の何ものでもないと感じます。少しずつふれあいが増えるといいなと思います。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 17:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月19日

治る病気、治らない病気?

こんにちは、野々花です。

お葬式の疲れも徐々に取れて、今日はのんびりでした。最近、思うことがあります。それは私の障害、病気が少しずつでも良くなってきていると感じるのです。障害といいますが、それは病状が不変か増悪を意味します。でも少しずつできることが増えている気がするのです。

街中に出て行くこと。離人感が出ないで商品を選ぶことができる。漫画の文字を少し読み進めることができる。家事が億劫でない。ほら、たぶん半年前、一年前に比べてこんなに進歩している。

障害はもしかしたら一生涯のことでないかもしれない。二年前にこの家に引っ越してきて、薬も合う薬に変更して、研究や仕事をしなくなった。こうした良い環境をつくれたことで症状が大分緩和されてきている気がする。

いつか治るかもしれない。亀のようにのろのろとしか歩けないけれど、この病気は治るかもしれない・・・と信じたい。よい治療環境を維持できたら、この病気はよくなる病気。そう思います。

とはいえ、治ったからさて仕事、とはいきません。十年以上もの間職業訓練をしてこなかったわけですから、社会に出てできることなど限られています。でもいつか働きたいです。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 18:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月18日

人間らしい最期

皆さんお久しぶりです。野々花です。

祖母の葬儀のため、埼玉まで行ってきました。長旅でした。90歳を過ぎた祖母のお葬式は、心のこもったささやかな式でした。人の生き死にに直面すると考えさせられることがたくさんありますね。

お花がいっぱい。そうだ、死に際しても、花は大事な役割を果たすのだ。出棺のとき、皆で泣きながら花を手向けました。

一番に思ったこと。私の夫には同じような想いをさせてはならない、と。今までは「先に死んだもの勝ち」と思っていたけれど、私が先に死んではいけない。最愛の人を残し、悲しい想いをさせてはならないから。だからここで死ぬわけにはいかないんだ、と強く思いました。

人を看取り見送るということは大変なことです。でも、人に愛されたぶんだけ、惜しまれて丁寧に見送ってくれる。祖母もたくさんの花と人に囲まれて人間らしい最期を送れたなと思いました。人間らしい最期。世界では戦争などでいのちが塵のように消えてゆくのに、この温かな葬儀は真に人間らしいものでした。

子供のいない私は、誰が見送ってくれるんだろう。将来は誰にもわからないけれど。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月12日

生き切る

皆さんこんにちは、野々花です。

昨夜、私の祖母が他界しました。92歳でした。今週末お葬式です。夜遅く東京から電話がかかってきたのでそれ以来眠れず、悶々としていました。そして今日急いで病院へ行き、薬だけもらってきました。

祖母のおかけで、いろいろなことを学びました。介護のこと、生き切るということ、人間の一生について・・・「私はいつお迎えがきてもいいの」と言っていたつい数ヶ月前を思いだします。達観した人の笑顔は朗らかで、もう十分生きたという彼女のことばは説得力がありました。

毎日つらいこと、病気のこと、いろいろありますが、90年も生きた人から見ればそんなことは大した出来事でないのかもしれません。どんな一生であれ、90年生き切った祖母に尊敬の念を覚えます。生きてきたということだけですごい。私も生き切れるかな。毎日のちっぽけな悩みや苦しみを越えて・・

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月10日

闘病詩集に向けて

皆さんこんにちは、野々花です。

三連休ですね。とはいえ主婦は家事休めませんけど。

今日は詩を二篇書きました。今年初めての作品です。「発病」と「淵」。統合失調症の発病から告知、現在の闘病までの軌跡を描写し、いずれ詩集にまとめようと構想中です。これで闘病をテーマとした一連の詩は10篇できたことになります。最終的には章立てをして30篇以内に収めたいと思っています。統合失調症の闘病詩集なんて存在するのかな。私が初かな。同じ病気を抱えている人に届けばいいなと思っているところです。

作品を生み出すって面白い。作り出すことが何より楽しいと感じます。ただ、三連休の疲れがまたしてもやってきて、今は泥のように眠りたいです。

こちらは吹雪いたり晴れたりしています。今日も家事だけは這ってでもやるぞ。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月08日

二つのいのち

皆さんこんにちは、野々花です。

体調も徐々に回復に向かい頓服なしで過ごしています。今日は三連休初日。北海道は吹雪でしたが、街は晴れているということで、夫と街に出かけました。

来月のシンガポール旅行に着るリゾートワンピを探していたのですが、とうとう見つけました。バーゲンで。ミニ丈の茶系チェック柄ワンピース。ちょっとスカートの丈が短いかな、と思いましたが、バカンスで着る服なので、えいっと買ってしまいました。お値段も満足。

実は、本州にいる祖母がだんだん衰弱していると聞いて、ちょっと落ち込んでいました。ひとが生きるとか死ぬとかにかかわるってしんどいこと。糸のように細いいのちを懸命に生きているひとがいる一方で、ワンピース選びをしている人間がいる。それが奇妙で解せないのです。

ひとのいのちが個別であること。言ってしまえばそれだけのこと。ひととひとのつながりは、寄り添い、遠くてもそのひとを感じ想像することで初めて生まれるもの。想像がつながりを生むのです。だから今は祈っています。床に臥す祖母を想い、近くに感じ、想像する。それしかできないのだから。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月06日

不調です。

頓服薬を二錠飲んだ。声が聞こえ、頭がざわめく。吹雪がやんで、少し明るくなると、私の中の嵐もおさまってくる。昨日に引き続き今日は不調の日だ。年末年始の疲れが出たのだろう。気を張っていたのだ、きっと。

無理のきかない体なのだと再認識。それでもいい正月だったと思う。だから後悔はしていないけれど、周囲を心配させてはいけないから、もうおとなしくしていよう。

私の病気は「恐ろしい病気だから」と周囲は言う。でも自分としては、コントロール可能な病気だし、悪化してもたかがしれていると思っている。でも統合失調症というだけで、恐ろしがられるんだろう。

お正月。いっときであっても、素晴らしい時間を過ごせた。だからしょうがない。今日は寝ていよう。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月04日

お正月の終わり

皆さん、こんにちは。野々花です。

いよいよお正月も終わりですね。私は昨夜、翻訳作業が終了したので本当は今日からお正月したいんですが・・・でもいっぱい食べました。つくりました。そして人に会いました。

今日は新年の挨拶に代えて、夫と私の両親と四人でホテルランチをしました。結婚して4年弱、双方の両親ともいい距離感で付き合えてるなあと感じられるようになりました。できることなら嫁姑関係など、うまくいきたいじゃないですか。

そしてこの年末年始は夫との距離も縮まった気がしました。何があったわけでもないのですが、濃く優しい時間をともに過ごしました。日に日に絆が深まってゆく。日に日に大事な人になる。我が子を愛するように無条件に夫を愛す。これ以上の幸せがどこにあるでしょう。

明日から夫は出勤。私も気合を入れて詩作に取り組もうと思います。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月02日

帰省してきました

今日は主人の実家に帰省しました。車で一時間の距離なので、さっと行って、ご飯をいただいて帰ってきました。

嬉しいことがありました。クリスマスに私たち夫婦はお義父さん、お義母さんにクリスマスプレゼントをしたのですが、今日は反対にお義母さんからプレゼントをいただいたのです。私にはサマンサ・タバサのバッグ。値が張ること間違いなしなのに、こんな私のために選んでくださって。お義姉さんが一緒に選んでくれたそうです。

孫の顔を見せてあげられなくて申し訳ない思いをしている中、こうした気遣いって本当に嬉しいです。子供の代わりにこれから何か嫁としてできることはないかな、などと考えます。お互いに良い関係を築きたいし。嫁姑って付き合い方も難しいものですが、なんとか頑張ろうと思いました。

ある程度頻繁に顔を見せるって大事ですよね。次回は二月のシンガポール旅行から帰ったら行くつもりです。お土産何にしようかな。

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年01月01日

新年

明けましておめでとうごさいます。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は昨夜は煮ブタやすき焼きをつくり、夫とふたり、のんびり紅白を見て過ごしました。今朝は遅めに起きましたが、お雑煮を作り食べました。その後はもちろん仕事・・・(涙)。でも今日のノルマは達成できたのでお正月気分にももどります。

うちの正月は実家への帰省はせず、二人で過ごします。夫の実家で大晦日は宴会になるのですが、この病気の体ではついていけないため、年明けてから挨拶しに行きます。ふたりきりの正月にも慣れました。ちょっと寂しい気はするけれど。料理を頑張って盛り上げます。

夫から嬉しいことば。「子供がいなくてもお母さんみたいだよ」って。親友が妊娠を報告してくれた直後で、うちは子供を望めないのでいささか心が痛かったのですが、なんか嬉しいことばでした。主婦も日に日に成長していくんですね。

というわけで、今年もブログ続けますので、どうぞよろしくお願いします!

★『吉川千穂詩集 再生』は、闘病生活から生まれた詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement.html

posted by 野々花 at 10:40 | Comment(7) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。