ad_poem.png

2011年08月31日

通院報告

昨日は通院日でした。疲れたのか、今日は調子がよくありません。横になってばかりで、立ち上がって歩くと強い立ちくらみがして目の前が真っ黒になります。まあ、それをのぞけば病状は安定、回復に向かっているので、その旨主治医に報告しました。

この一ヶ月のあいだには、本が読めるようになったという、大きな進歩。その前の二ヶ月にはひとりでスーパーまでいけるようになった進歩。どちらも3〜5年ぶりというほど久しぶりのことで、こんな急な回復は自然に起こるはずもなく、間違いなく治験薬の効果だろうと私は思っているのですが、プラセボの可能性もあるゆえ医師は「そうだ」とはいいません。でもよくなっていることは確実なようで。

まだ人との交流を避けた生活をしているので、そこが課題です。人とやりとりすることはこの病気にとってハードルが高いと感じています。メールのやりとりなら、とっさの反応を求められませんからゆっくり返答すればいい。でも実際のやりとりなら、瞬発力や体力、気配りなどいろいろな要素が求められます。まだ難しいです。でも一歩一歩前進しているということで、まずはよしとしましょうか。この安定が長く続くように願うばかりです。通院報告でした。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月29日

子供を望めない

暑さもそろそろ終わりかな、コスモスが咲き、秋の気配を感じます。今日も心身ともに平穏無事・・・でしたが昨日はそうでもありませんでした。親友から出産の内祝いが届いて、また心が揺れてしまったのです。ずうっと同じ道を歩いてきた友人と私。彼女が出産したことで二人の人生は決定的に違うものになりました。人は人。と思えるのに、彼女とだけは比べてしまう。

なぜ私は子供を授からなかったのだろう。なぜそもそも私は子供をほしいという気持ちになれないのだろう。そのことが解らなくて泣きました。私ひとり生きるのに精一杯で子供を見ても可愛いと思えない。でも夫婦が仲良く暮らしているのだから子供がほしいと思うのが自然ではないのか、そう思えない私は女じゃないのかな、なんて。

子供がいなくても、仕事が子供、何々が私の子供、という人がいますが、私には何もありません。悲しいかな、病気が私の子供。産める時期は人生でもう残りわずかなのに、このままこの時期を通過してしまっていいの?悩みます。自然に子供を欲し、子供を産んで育てるという、なぜ「普通」の生き方が望めないのでしょう。そうこうしているうちに時が経ってしまう・・・

人となんらかのコミュニケーションがあるとどうしても動揺してしまいます。だから今は誰とも接触しないで、ひっそりと暮らしていくのが療養に必要なのかもしれません。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 14:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月27日

勉強、勉強

皆さんこんにちは、野の花です。体調も落ち着き、今日は土曜日ということで、夫とともに街へ繰り出しました。帰ってからは詩作。兼ねてより勉強している漢詩を踏まえて自分なりの新しいスタイルを作り上げようと試行錯誤しています。その一端を・・・

凍れる菊

寒雨さめざめと泣く
秋菊は微動だにせず
霜帯びる大地に立ち
花色褪せてなお天を仰ぐ

蒼穹は一点の曇りなく
白い半月を映し
山は一点の迷いなく
黄昏の日を戴く

空高く烏啼き
冷気を渡る憂愁の声
餌の在り処をしきりに探せば
眼下にちらつく雪の影

葉は落ち草木枯れ
日は刻々と過ぎ行く
もの言わぬ凍れる土の上に
ひとりたたずむ白菊の花

まだまだ固いですね。漢詩の書き下し文のようだと夫に指摘されました。でもこうして先人の作品を勉強し踏襲して自分の詩というものが出来上がっていくのだと思います。なんと楽しいことでしょう!勉強意欲が出てきました。少しずつですが心身ともに充実した日々が送れています。ありがたいことです。無理せずやっていこうと思います。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 16:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月26日

頭のザワザワ

今日はあまり優れない日です。朝起きてから家事を終わらせ、いつもの漢詩の勉強をしようとしたのですが、集中力も気力もなく、本が読めませんでした。ぼうっとして、すべてが億劫で、ごろごろ寝てばかり。頭もザワサワして苦しくて、頓服を飲むほどではありませんが、よくありません。畑に出てみると完熟の大きなトマトが二つもカラスにやられているじゃありませんか!はあ。今日はついてないな。

調子がいい時が多くなりましたが、まだずっと安定とはいかないようです。頭のザワザワ、これっていやですね。幻聴の一歩手前のときに出ます。でも悪くなったといってもこの程度。安静にじっとして時の経つのを待てればまた良いときがやってきます。やはり無理のない環境に自分をおいているから、症状が安定しているのだと思います。

家族以外の人とはほとんど合わず、ひとり静かに一日が終わる。最近は寂しいとも思わなくなりました。無理をすれば必ず悪くなるから、今は人との交際を避けています。いつかまた社会のなかで生きられる日がくる。今はね、それが信じられるんです。トンネルの向こうを想像することができるんです。だから今日は観念。こんな日もある、と。

 

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 17:07 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月25日

思いがけない電話をもらった。東京からだ。聞き覚えのある、懐かしい声。そう、私が10年前、ドイツ留学中に知り合い、パートナーだった元彼からだった。久しぶりのドイツ語は全然出てこなくて、でも話ができたことはとても嬉しかった。私が結婚してからは彼はずっと遠くで私を見守っていてくれた。友として、ずっとお互いの幸せを願って別々の道を歩いていた。そして今日の電話。私の2冊の詩集を買ってくれたのだ。

「元気かい」、「幸せかい」。彼はいつもそれをまず確かめる。私も同じことを聞く。私は障害年金をもらっていることなど近況を報告。彼もまた、久しく話していないドイツ語で(母国語はロシア語だ)私の問いに答えてくれた。私たちは結婚には至らなかったけれど、今でも心から尊敬し、かけがえのない大切な人だ。彼は東京で仕事をしている。

ミュンヘンに留学していたころ、私はもっとも統合失調症を悪くした。そんな私をずっと支えてくれたひとが彼だった。帰国してからも別れてからも遠くから支えてくれていた。長い長い絆。元彼のひとことでは片付けられない。異性でありながら、真の友といえる人。久しぶりの会話に胸が詰まる。電話をありがとう。連絡ありがとう。幸せを祈っている。本当に、これほど人の幸福を願ったことはないんだ。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 13:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月24日

落ち込むの、やめます

昨日の健康診断で異常が見つかった夫。夫婦二人してすっかりしょげているのですが、これではいけない。落ち込んでいても何も解決しない。私も家でひとりうじうじしていましたが、今日は夫が帰ったら「大丈夫だよ」といってあげようと決意しました。

そろそろ私たちの年齢になると、健康診断で黄色信号が出るものですね。食習慣や運動など、生活を見直さないといけない面もあるけれど、私は遺伝もあると思っています。食事や運動を気遣って生活していても、どこかに「悪くなりやすさ」をもっている。だから何事も早期発見して、薬なり何なりで付き合っていけばいいのだと思うのです。

私の統合失調症だって、ずっと薬を飲んで付き合っていく病気。「なりやすさ」があって発症したのだし、規則正しい生活をすればある程度いい状態を維持できる。だれも完璧な人などいません。夫も私もそれぞれ弱い所があって、それをコントロールしていけば、それでいいと思います。落ち込むの、もうやめます。今晩は笑顔で「お帰りなさい」言います。不安をあおらず、冷静に。要観察!

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 17:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月23日

ショッキング・・・

さきほどショックな報告を夫から受けました。夫は会社の健康診断だったのですが、診断である異常が指摘されたというのです。ネットで調べてみると、考えられる原因は偏食・過食、運動不足、アルコールの過剰摂取だといいます。夫の場合、背はすらりと高く、肥満体では決してないし、アルコールもごく少量しか飲みません。普段の食事も、栄養バランスの取れたものを私がしっかり作っているつもりだったのに・・・いったい何が原因なのか、はっきりとはわかりません。でも日々の食事や運動に原因があるという異常値なので、私はすっかり落ち込んでいます。

結婚して5年。5年前の健康診断では指摘されなかったことが今日指摘された。それは一重に私の食事管理に起因しているのではないだろうか。ショック、ショック、ショック。どうしたらいいのでしょう。まずは詳しい検査の結果を聞いてから。さすがに夫も健康診断でなんらかの異常を指摘される年齢になったか・・

とにかく、最近ふたりでやっている腹筋とスクワットは続けます。なんとしても生活改善をして、私の力で正常値に戻したい。夫の体を守る。そう決意を新たにした野の花でした。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 12:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月21日

ソラマメのスープ

今日はちょっと料理で感無量の体験をしました。ソラマメのスープを作ったのです。

DSCN3890 白いけど牛乳ではありません。

フランス料理の最初によく出てくるスープです。しかもそのソラマメたちは全部うちの畑で採れたもの。春に種を蒔いて、双葉が出て、葉が伸びて、花が咲き、その後にやっと大きな鞘をつけ、先日収穫。ソラマメって鞘が大きいのに、そのなかにマメが一個が二個しか入っていなくて、そのマメを煮て、皮をはぎ、ようやく実の部分が取れます。鞘の割りに実がこんなにも小さくて、スープにするには畑いっぱいになっているソラマメをたくさん集めなければ一杯にも満たないんです。というわけで、畑に熟しているソラマメを全部採ってきて作りました。種から育てて、スープにするまで、ゆうに3ヶ月はかかりました。いやはや、感無量です。あっという間に飲んでしまいましたが。

さてさて、今日は日曜日とあって、他にもイベントがありました。午前中は夫とスーパーに買出しに行き、午後から車で近くの六花亭へ。冷やし汁粉を食べました。そして夕方ソラマメのスープ作り。なんだかたくさん食べてしまったので運動しなくては。この頃は毎晩、夫とふたりして腹筋20回、スクワット20回やってます。今日もこれからやります。でも、ソラマメのスープを作るなんて(いや、作り方はソラマメを茹でてつぶして牛乳とコンソメスープの素を入れて火を通すだけなんですが)、ルーチンワーク以外のことができたのは評価しています。柔軟な思考のもとに行動ができたのだから、統合失調症の患者である私にしてみれば、進歩なのです。さて、明日からまた平日。ゆっくり一歩、一歩歩いていきます。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 18:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月20日

ささやかな楽しみ

こんにちは、野の花です。今日は土曜日ということで、夫と街へ行ってきました。黒のワンピース姿。紀伊国屋書店に入り浸りました。今マイブームとなっている漢詩の理解を深めるべく、石川忠久著『漢詩を読む 秋の詩100選』を購入。すでに『鉛筆で漢詩』、石川忠久著『新漢詩の風景』を読了しているので、来週一週間の間に読む本をゲットしたのです。

文字を読むという、健康な人なら当たり前にできることが、私にも何年かぶりにできるようになり、本の世界へ新たな楽しみを見出しています。私は病気をしていた15年のうち、大半を大学での文学研究に時間を割いていましたが、本を端から端まで読むということができず、いつも拾い読み、斜め読みでした。陰性症状の強かったここ2,3年は読書ゼロです。そんな私が少しずつでも読む力を回復し、丁寧に本のページをめくる作業ができはじめている。ありがたいことです。

般若心経の写経も毎日続けています。書は心を無にしてくれますね。漢字の素晴らしさにここでも魅了されています。まあ、読めるとはいえ短時間。単独外出ができるといえ最小限。ですから、少しずつですね、何でも。少しの喜びと少しの忍耐をもって、こつこつと日々を積み重ねていこうと思っています。それしかありませんから。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月18日

悠々自適

こんにちは。野の花です。今日も悠々と一日が過ぎてゆきます。こんなにのんびりと自由な時間を過ごして贅沢だな、私。心の持ち方が違うのです。病に支配されていた時と違い、焦りもない、苦しくもない、憂鬱でもない、リラックスしている。だから心地良い時間が流れるのです。台湾旅行の計画を練ったり、本を読んだり、写経をしたり、畑に出たり・・・穏やかな初秋の気配を感じながら、ひとりきりの自由を満喫しています。風鈴が鳴り続けている。それも心地よい。

何も要らないのです。だれか話相手がほしいとか、買い物をしたいだとか不満なんてひとつもなくて、言葉さえ必要ない。言葉さえ。誰かに訴えることも、主張することも、こっちを向いてと泣くこともない。精神状態が安定しているのです。喜怒哀楽も以前より感じられます。そして穏やかな知的欲求。今日は本一冊読みきりました。なんだかね、こんな楽な生活していていいのだろうかと思います。さすがに。でもできることならこの生活を維持したい。仕事に就いて働くことよりも現状維持ができればいいかな。

働いてお金が入ってくることよりも、時間に余裕があるほうがいいと思う最近の心境の微妙な変化。まあ、こんな生活が長く続くはずありません。いつかはいやでも働かなくてはならないときが来る。でもそれまでの間は人生の夏休み。そう思って過ごしています。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 15:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月16日

過眠傾向と秋

北海道は長袖のパーカーを羽織るくらいに冷えています。一雨ごとに秋へ近づく気配。ジャガイモが土の中で収穫のときを待っている、そんな初秋の季節です。さて、今日は朝から昏々と眠ってしまいました。最近ずっと体調が最高によく、昼寝もせずに活動していた反動が来たみたいでした。やっぱり体に無理がかかっていたのかなと少ししょんぼりしています。だって、昼寝をせずに活動できなければ仕事に就くなんて夢のまた夢ですから。

私は過眠傾向にあります。一日十何時間も眠れます。医師にも寝すぎて困ると伝えるのですが、あまり取り合ってくれません。慣れないことをすれば疲れますよと一蹴されます。でも私にとっては大事な問題です。今の生活が続けられるのであれば日中寝ていても問題ありませんが、将来働くとなると・・・焦りすぎなのかな。でもできることは確実に増えています。本も読めるようになったし、単独外出も。焦りすぎず、このまま回復してくれればと思います。

さて、長袖の季節到来。おしゃれが楽しくなる季節ですね。来月の台湾旅行ではグレーのミニワンピに決まりなんだけど、ジーンズに合わせるトップスもほしいなあ・・今週もまた買い物に行くか。なんて、やっぱり楽しいことが増えています。生活が人間らしく、潤っている。本当はこれ以上望むことは無いんですけどね。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 16:07 | Comment(9) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月14日

ブログ3周年

皆さんこんにちは、野の花です。体調がすこぶる良いです。今日はDVDを借りてきて、『名前のない女たち』という映画を鑑賞しました。そして一ヶ月後に台湾に旅行することが正式に決まりました。楽しいことが多い最近です。病んでいない。体が軽くて動きたいように動ける。畑の作物も収穫期を向かえ、書物を紐解く楽しみを覚え・・その上に海外旅行です。私にとっては贅沢すぎる日々です。ありがたい。ただありがたい。人生の春がこんなにも遅く来たのです。

病んで苦しまないとブログに書くこともなくなるし、詩に書くこともなくなります。必要ないのです。元気だとPCにやたら長く座っている欲求もないし、むしろ本を広げて紙に向かいます。いつか病気が本当によくなったら、このブログも必要なくなるんだろうかと考えます。2008年から書いてきました。ちょうど丸3年です。苦しいこと、悩んでいることなど、ずいぶん赤裸々に書いてきました。長くお付き合いくださっている読者の方々にも感謝です。

でも、まあ、細々とは続けようかな。症状は軽くなったとはいえ治ったわけではないし、野の花というひとりの人間の軌跡を残して行きたいとも思うし。そしてこの場でまた出会いもある。そんなことを考えています。というわけで、これからも皆様、よろしくお願いいたします。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 18:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月13日

治験薬の効果

皆さんこんにちは、野の花です。今日は週末。夫と街へ出かけてきました。先週買ったグレーのワンピースに赤いサンダルを合わせて。セールで安かったので同じワンピをもう一枚買い足そうと思って行ったら売り切れ。ちょっとがっかりでした。その後は紀伊国屋書店へ。一時間は入りびたりでした。

最近、これまで病気のために障害されていた文字を読む能力が回復してきているのです。こんなに早く回復を見せるのも、やはり治験薬のせいとしか考えられません。活字を読む楽しみがあるかないかで、人生の多くが決まってしまうといっても過言ではありません。今日は漢詩についての本を買いました。そして来月予定している台湾旅行の本を買いました。まだ長時間本を読むと脳が疲れて悲鳴を上げますが、少しずつこの豊かな世界へ浸っていきたいと思っています。

かつては、人間として生きていない気がして、案山子ようにただ突っ立っているだけの生活のような気がして、陰性症状の辛い日々は本当に無味乾燥でした。なのに今は読書ができ、心の充足があり、豊かな人生を送っていると自信をもっていえます。治験薬のお陰。病気ですからやはり薬でなくては治らないと思います。

今は認知機能障害と陰性症状に効くというこの治験薬への期待があります。そして充足し、幸せを感じて生きています。長いトンネルもいつかは出口があるのですね。お薬に感謝しています。治験に参加してみてよかった!

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 17:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月11日

深い旅へ

暑いです、こちら北海道でも猛暑といえる暑さです。そんな中さらに暑い国インドネシアはバリ島に行こうかと迷っている輩がいます、私ですが。9月に三連休があり、遅いお盆休みを二日間くっつければ5日間の休暇が取れるというのです。どっかいけるじゃん、と思い立つ。しかし夫は仕事が忙しいため、もっぱら計画は私。2月にシンガポールに行ったので、ちょっと贅沢かなあと思いつつ、いくかどうか迷っています。

そして、インターネットでいろいろと調べているうちに、気がついたことがあったのです。「私、旅行行かなくてもいいかも」。以前は、現実逃避の意味合いを兼ねて「脱出」していたのですが、いまや家から出ずして広い世界へ出られている。なんのことかといいますと、毎日家事の合間をみてはやっている漢詩や般若心経の勉強。知的好奇心を頼りに、書物という広大な世界へ自由に行くことができているのです。その広さたるやバリ島より遠くまでいけそうな気配。

知の旅をしているから、必ずしも旅行に出なくても不満なく暮らせると気がついたのです。もちろん事情が許せば旅行もいいですが、今の私は陰性症状に苦しんでただぼうっと過ごしていた日々とは違い、よりアクティブに、より深く、生きている。だから旅行はどっちでもいいや。するならもっと「深い旅」に出て、心躍るような世界を見たいです。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月09日

そのまま進め

病気のため失われていた知的欲求が猛然と花開こうとしている。最後にむさぼるように勉強したのは、まだ発病していなかった15年前の大学生の頃。あの頃と同じような情熱がよみがえっている。最近は詩がまったく思い浮かばないのもあって、今はひたすら学ぶことに専念しようと思っている。まだ2日目だが、朝から漢詩の勉強にいそしむ。杜甫や李白、孟浩然、白居易など、有名どころの漢詩を繰り返し書いたり音読する。悠然とした中国の自然を歌う漢詩の素晴らしさ。北海道の自然の豊かさにどこか少し似ているような気もする。あとは般若心経の写経。これも意味よくわからないまま、繰り返し書き唱える。

病魔に冒され、なす術もなく一日を呆然と過ごしてきた日々が変わろうとしている。まだ疲れやすく、睡眠を挟んでの作業だが、家事を早く終わらせて自分の好きな勉強にいそしむ日々。療養もここまでくれば大したものだ。忍耐の末につかんだ理想の生活かもしれない。本当の私がいつか取り戻せるだろうか。知性に溢れたキラキラと輝く宝石のような瞳をふたたび取り戻せるだろうか。無理はできない。でも確実に回復している私がいる。私よ、そのまま進むのだ。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 14:46 | Comment(7) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月07日

ドイツに触れる

今日も体調がよく、素敵な休日を過ごしました。体調がすべてものを言いますね。午前中はスーパーに買い出しに行き、午後から夫とふたりで映画のDVDを観ました。2006年ドイツの映画『善き人のためのソナタ』です。東ドイツの監視社会を描き出した秀作です。ドイツ語や町並みが私にとっては懐かしくドイツ留学時を思い出しました。

10数年前、統合失調症をもっとも悪化させ、自殺未遂にまで追い込まれたドイツ。ドイツ文学を専攻しドイツにどっぷりと浸かっていた反面、病気の思い出の染み付いたドイツという国は私にとって試練の国であり、帰国してからまだ一度も足を運べていません。

でも今日のように、ドイツ映画を観たからといって心を乱されることもなくなり、どんな辛い思い出も風化していくのだと感じます。何より、体調がよく、昼寝をしなくとも一日楽しく過ごせたことは何よりの収穫でした。夕方、再び漢詩の勉強と般若心経の写経にいそしみ、これまた充実した時間を過ごしました。

少しずつ回復している。それを信じている。どんな大きな試練でも、こうして這い上がってきたじゃないか。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 19:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月06日

本が読める!

今日は土曜日ということで、夫とふたりで街へ出かけました。体調もめっぽう良くて、体が軽い。黒のワンピースに赤いサンダルを履いておしゃれも万端。体が苦しくなく、長時間街に滞在して買い物などできました。グレーのワンースお買い上げ!本屋さんで漢詩の本をお買い上げ。その後カフェで一息つきました。

なんといっても、大きな進歩が見られたのです。本が読める!私は発病して以来十数年まともに本が読めませんでした。陰性症状が強くなってきたここ数年は漫画すら読めませんでした。でも今日、漢詩についての本にまず興味を示し、集中力をもって読み楽しむことができたのです。知的欲求が少しずつ回復してきている。認知機能が少しずつ回復してきている。これは次回の診察で主治医に言わねばならならい特記事項です。

ひとえに治験薬の効果を感じています。本を読める素晴らしさを、この豊かさをかみ締めています。まだ安定的に読めるかはわかりませんが、ひとまず良い方向。無理せず、少しずつ自分の内なる世界に出ていこうと思います。素敵な土曜日。夫と楽しい時間が過ぎてゆきます。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 17:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月05日

期待と不安と

北海道もうだるような暑さです。こんにちは。じわじわと汗をかきながら、ぼうっとしています。相変わらず過眠傾向がありそれだけが気になりますが、体調がいいのか将来に向かって何か準備をしたいという気持ちになっています。ただ実際には朝に家事を終わらすので、日中することがあまりありません。足に真っ赤なマニュキアを塗ったり、服のコーディネートを考えたり、こんなゆっくりとした日々は子供のころ以来。まったくいい身分ですね。

あと数年後には働こうと本気で計画しています(あと二年で年金の更新が来るからです)。その分、今は充電期間。それをきっちりわかっているから、焦りもなく、今をのんびり過ごしています。特記することは何も無い。ただこの暑さの中でときどき風にカーテンが舞うだけ。

翻訳の仕事に就きたいので、翻訳会社をネットで調べてここに応募してみようなどと検討中。疲れやすく、一日の作業量が健常者の半分以下しかできない現状では難しいかもしれませんが、徐々に体力をつけていければと。過眠が気になります。疲れやすいのも気になります。それが克服できないと就労は難しいと思っています。どこまで回復できるのか。希望と不安が入り混じる、真夏日の午後。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 14:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月03日

ふたり、醸成する

病気で子供を諦めたことで、夫のお母さんに「息子と別れてほしい」と言われて以来、自分に自信をなくしていたと思います。病気であること、そのせいで夫に負担をかけていること。夫に対する申し訳なさが生まれていた。そして疑問。「夫婦って何?」

子供がいれば、子供を共通点として夫婦が成り立つでしょう。趣味が合えばそれでもいい。でも結婚して約5年。新婚ムードも収まった今、共通の趣味もないこの夫婦を結び付けているのは何だろうと考えました。人生の大先輩である母親にききました。すると「今日は暑いね、とか疲れたね、と相づちを打つ相手がいつもそばに居るだけでも人生ぜんぜん違うよ」と。そうかもしれない、と思いました。そして日々二人の間柄を観察するように生活してみました。空気のような存在だけど、夫にとってみても、私は人生のよい相棒かもしれない、段々そんな風に思えるようになったのです。何気ない日常を共有している。病気で負担をかけているのは否めなくとも、ありふれた大切な時間をともにできている。そのことに気がついてじわりとした幸せを感じたのです。

お姑さんが何といおうと、私は自信を持ちます。病気のことで引け目を感じることもやめます。うまくやっているじゃない、ふたり。問題のひとつやふたつ、どの家庭にだってあるもの。じっくりと時間をかけて、ふたり、醸成する。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 15:43 | Comment(7) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2011年08月01日

申し訳なさ

今日は病気であることがとても苦しいと感じた一日でした。とくに体が苦しいとか病んでいるというわけではなく、理由のない孤独感と申し訳なさが私に覆いかぶさってきました。夫と過ごした休日も、私がいつのまにか寝込んでしまうため、あっという間に終わり、夫と一緒に動けない情けなさと、夫への申し訳なさがつのります。私が結婚したことで、夫は苦しんでいるのではないかと思うのです。生活を私に合わせることによって、大きな制約を受けているのは事実だからです。

平日、私たち夫婦は当然のごとく、夫は会社へ私は家事へと分かれて行動します。昼休みには欠かさず連絡をとりますが、そのときは互いを思いやり、とても上手くいっていると思います。でも休日は私のふがいなさが露骨に出てしまうため、最近少々つらいのです。

合わせてもらうことはできても、私が夫に合わせて動くことができません。それは一重に体がきついからです。仕方のないこと。でももう少しだけでいいから体が元気で夫に合わせて動けるようになりたいです。子供のいない夫婦二人きり。二人で楽しい人生を送るためには私の回復と努力が必要なのです。夫がいつか私と結婚して本当によかったと思えるように、この病から立ち直りたい。

★『詩集 烈風』は統合失調症との闘いを綴った闘病詩集です。
http://www16.plala.or.jp/ychiho/advertisement2.html

posted by 野々花 at 16:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。