ad_poem.png

2013年01月05日

お休みの終わり

あと二日で、年末年始のお休みが終わってしまいます。夫は7日から出勤。大変な仕事が待っており、毎日深夜に帰宅する日々が再開されます。それがつらくて、現実から逃げてばっかりいました。昨日は夫とカラオケ。今日はデパートめぐり。休みの最後を二人でたくさん時間を共有しておこうと。熱々のごはんをともに食べ、楽しい時を過ごしています。休みが終われば当分また朝と深夜に顔を合わせるだけの生活になります。ごはんも一緒には食べられません。そんなことと思われるかもしれませんが、私にとって夫との家庭での時間はこの上なく大切なものなのです。だから、今だけでも、時間を大切にすごしています。年末年始は一度も外食はせず、すべて私の手料理を食べてました。栄養のバランスを考えて、夫が好きなものを作ったり。今日は二人でおやつにリンゴゼリーを作りましたよ。簡単だったけど、これも共同作業なのです。子供がいない私たちですが、こうやって家庭を築いているんですよね。夫が忙しいとき、ただ待っているのはいやだなと思います。私も少しですが翻訳をやって寂しさをまぎらわそうと思います。そして夫が夜遅く帰宅すると決まって「何か楽しい話をして」と言うので、楽しい話ができるように準備しておこうと思います。夫が忙しい間、私までしょげていてはいけない。楽しく過ごして、笑顔でお帰りなさいを言えるように。明日がお休み最後です。明るく、夫のために、この家庭のために働こうと思います。
posted by 野々花 at 18:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
この記事へのコメント
野の花さんって、本当に健気で偉いな、と思います。いずれ、ご主人との時間を大切にしながらも、野の花さん自身の世界もどんどん広がっていって、寂しいという気持ちがなくなっていくと思います。我が家は4日から出勤でした。そして、また、怒涛の残業と休日出勤が待っています。正直私も寂しいです。けれど、今年からはその寂しさを希望で埋めていこうと思っています。野の花さんには翻訳の仕事を本格的にする、という目標がありますよね。とても素敵な希望です。必ず叶うはず。それまでの我慢です。
Posted by あきこ at 2013年01月07日 16:13
あきこさん>
やはりあきこさんのお宅もご主人は残業と休日出勤ですか。働くということ、家計を支えるということは大変なことですね。でも寂しさを希望で埋める努力、素晴らしいです。私も見習わなくてはならないなと思います。こういうときこそ、自分の世界を広げて自分だけでも生きていけるような強さを培わなくてはと思います。お互い頑張りましょう。応援しています。
Posted by 野の花 at 2013年01月07日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311659872

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。