ad_poem.png

2013年01月16日

通院日でした。

今日は通院日でした。最近、夫の帰りが遅く睡眠のリズムが狂ったせいで体調が下降気味だと伝えました。深夜に帰宅する夫のためにご飯を温めたり、食洗器のスイッチを入れるため、就寝は午前零時をまわります。朝も六時半起床。日中昼寝できるのでありがたいのですが、頭がぼうっとしています。作業効率もよくありません。医師にその旨伝えると、夜中起きないってのはできないの?と言われました。考えもしませんでした。夫が疲れてお腹すかせて帰ってくるのに眠っているままなんて。夫がかわいそすぎる。こんな私、普通ではないのでしょうか。今日もよく頑張ったね、と声をかけることも妻の務めだと思っています。それに夫婦の貴重なコミュニケーションの時間でもあるし。朝晩しか話せる時間はないのだから。こんな場合、ご飯は適当に食べといてね、と夫を放っておく人もいるのでしょうが、私にはできません。よっぽど体調が崩れれば考えますけれど。
ところで、前回の記事に書いた「社会的存在」とは何か、ずっと考えていました。私はもしかして単に社会的地位のなさを悔やんでいるだけなのかとも思ったりしましたが、やはり、人間社会にかかわっていることが自然なんだと思います。社会にアクションを起こして何か反響を得ること。仕事がわかりやすい例ですが、金銭の授受を伴わなくとも、人々に働きかけ、何らかの手ごたえを感じられる人こそ社会的存在だと思います。私は人間の中で生きたい。人間の中に混じって、右往左往したい。強くそう思います。もう少しだと思います。時がくるまで忍耐します。
posted by 野々花 at 18:07 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
この記事へのコメント
フロムが書いてる。
なぜひとはお祭りをやるのか。
それも、お金までだして。

それは、人が孤独だから。

自分は独りじゃない。
誰かと関わって生きている。
集落の、地域の、社会の一員として
共に暮らせている、
その再確認をするためだ、と。

野の花さんの出した答えはきっと正しい。

健康で、普段多くの人と商談をし、
お金を儲け、大家族の中で生活しているひとでさえ、
お祭りのような、人間の中での共存を再確認する行為が必要なんだ。

たくさんの人の生活に笑顔で触れ、
いきいきと暮らしている野の花さんが
きっと誕生するよ。

希望を捨てないで。

いつも祈っています。


Posted by 汐音 at 2013年01月17日 01:46
通院日お疲れ様でした。体調が下降気味との事でとても心配しています。そして、一時期の私の体調が悪かった頃の事を思い出しました。その頃は、朝は寝室で寝ている私の所に出勤前の主人がやって来て、手をそっと握って「行ってくるね。」と言って家を出て行っていました。そして、私が起きる頃はただ部屋は、しーんとしていて、虚無感だけが残る日々でした。それから暫くして、このままでは気持ちがなえてしまうと思い、主治医に「睡眠時間少なくても朝早く起きます。」と告げ、今に至ります。その代わりに休める時に度々休み、手を抜ける所は手を抜いています。野の花さんは何でもちゃんとやっていそうなので心配です。しっかりものの野の花さんに、しっかりするなともいえませんし。ところで、母親に私の今年の目標を決められました。「頭なるべく空っぽにする。物事あまり真剣に真面目に考えない。ハードルを最初から高くしない。」思わず笑ってしまいました。野の花さんは私より全然優秀だから、考え過ぎ、要注意です。野の花さんの努力は報われるのだから悲しむ必要はありません。長くなってごめんなさい。
Posted by あきこ at 2013年01月17日 15:07
こんにちは。
ご飯は夫が帰ってくるのを待って温めて、ちょっと話しをするというふうにしていました。それが自分の役割だし、と思っていたので。
でも疲れがでるまでして、
本当に夫はそうしてほしいか、です。
私がおもっているほど、重要ポイントでなかったので、
夕飯は冷蔵庫にまとめておいておくことにしました。それでも起きて待ってたりしてしまう自分の悲しい性よと、おもいましたが、
ちょっと気持ちが楽になりますので、一度おためしください。

Posted by 雪の下 at 2013年01月17日 18:00
夫思いで、起きているほうがいいのではないですか?医者が何と言おうとも…。旦那さんも、そのほうが嬉しいと思います。
 ことさら社会的つながりを持とうとしなくても、旦那さんに大切に思われていれば、貴重なことだし、野の花さんの場合、それに加えて、翻訳や詩集などがあるので、随分働きかけていると思いますよ。なかなか形になって返ってこないでしょうが、諦めずに、頑張って続けてください。
 相変わらず、偉そうでごめんなさい。
Posted by Pearsword at 2013年01月17日 19:30
汐音さん>
いつも見守っていてくれてありがとう。私もかかさずブログを見ています。最近はもっぱら雪かきの生活。大変だけど元気にもなるよ。またたまには直接話しましょう。汐音さんの声が聴きたいよ。

あきこさん>
体調はなんとか復調の兆しが。ご心配ありがとうございます。あきこさんもご主人とよい関係をお築きなんですね。温かな夫婦関係が思い浮かびます。やっぱりともに生活している以上、夜遅くとも起きてお帰りないさいといいたいですね。あきこさんとはずいぶん似ているところが多い気がしています。

雪の下さん>
はじめまして。コメントありがとうございます。やはり夫の帰りを待っているのも愛情があればこそですよね。それで体調を崩しては何にもなりませんが、最近そのような生活に慣れてきましたよ。

Pearswordさん>
いつも温かいコメントをありがとうございます。そうですね、夜中に起きてお帰りなさいを言う生活にも慣れてきました。夫のことを大事にして、この生活を維持していこうと思います。
Posted by 野の花 at 2013年01月18日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313801994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。