ad_poem.png

2012年09月18日

お便りなど、いつもありがとうございます。

皆さん、こんばんは。鈴虫やコオロギが鳴いています。今日は暑かったけれど、秋の気配を存分に感じます。今朝、ドイツから一通のお手紙が。私が11月のミュンヘン旅行の際に訪ねようと思っていたご夫妻からでした。会えるのを楽しみにしているとのこと。うれしいお便りでした。そして、今日はもう一通。私の詩集を買ってくださった方からのお手紙でした。ブログを機に、結構頻繁にお便りをいただくんです、私。毎回お返事を書くようにしているのですが、手が回らないのが現状で、この場をお借りして、お礼を申しあげます。もし返事がなくとも、下さったお手紙には100%目を通しておりますので、どうかご了承ください。全国各地からくださるお手紙やメール。とても嬉しく思っております。ブログを立ち上げたからこそ成り立つ交流ですね。またどんどんお便りお待ちしております。日々のブログのコメントを下さる方、お手紙を下さる方、メールを下さる方、そして読者のみなさまに感謝申しあげます。さて、今日は旅行の疲れもあって、昼寝もしていましたが、勉強を少し、そして小説のペンネームを考えておりました。いつものように時間が流れてゆきます。ちと疲れが残っているのでそろそろ休みます。明日は通院日です。とても体調が良かった旨、伝えてこようと思います。皆さんも連休明け、疲れが溜まっている方もいらっしゃるでしょうが、気持ちを切り替えて生活に戻れるといいですね。野の花でした。
posted by 野々花 at 21:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月17日

洞爺湖温泉旅行!

こんにちは!行ってきましたよ、温泉一泊旅行。美しい洞爺湖でした。さっぽろ駅から送迎バスで二時間半。大丸デパートで買ったお弁当を食べながらバスにゆられて遠足気分。意外と若いカップルが多くて、なんだか修学旅行に行くみたいな感じでした。夕方温泉宿に着くと、さっそく浴衣に着替えて湖のそばをお散歩。天気は雨も降らず、適度な湿度があってよい感じ。私、実は強力な晴れ女なんです。途中、中山峠では降ってたんですが、洞爺湖についてみたら雨などどこへやら。散歩のあとは夫と二人で一時間カラオケをしました。楽しかった!歌いまくりました。そうして温泉へ。濁った泥色をているのですが、上がるとお肌がすべすべに。温泉効果を即実感しました。その後はバイキングで夕食をいただいて、夜は湖上の花火を見ました。イベント満載でした。もう連休満喫!行ってよかったです。一泊して家に帰ると洗濯や食事作りと、一瞬にしていつもの生活に戻りましたが、それをなんとかこなすだけの健康があります。こうしてブログを書いたり。もちろん疲れているので、これから休みますが。そうそう、往復のバスのなかで、書き上げた小説のタイトルをずっと考えていたんです。名案は思いつかず。筆名も考えているのですが、まだ決まらず。うなっています。休んだあとは、また詩歌や小説の創作に戻ろうと思います。みなさんの連休はいかがでしたか。充実した時間が過ごせたらよいなと思います。では!
posted by 野々花 at 14:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月15日

自分の役割を果たすこと

こんにちは。今日は蒸し暑い一日でした。土曜日ということで、夫とともに街へ行ってきました。半そでの紺のシフォンブラウスを一枚ゲット!美容室に行って、いつものカフェでゆっくりして帰りました。仕事の大変な夫。せめて休日くらいは心身を楽にして過ごしてほしいなと思っていたけれど、連休初日の今日はまずまずの出来。パフェを美味しそうに食べている夫がなんだか可愛くて、そうそう、二人の幸せはそんな細部に宿っていたのだと改めて感じました。夫から仕事の話を聞いているだけで、働くというのは本当に大変なことなんだと思います。だから夫の休息の場を整えるという私の役割をしっかり果たさなくては。幸い、私の病状が落ちついていて元気なので、彼を支える精神的余裕があります。明日からの温泉旅行も上手くいけばいいな、と思っています。ああ、雨が降り出した。なんとか明日、晴れないかしら。私は晴れ女なので、なんとか天気になるでしょう、と信じて明日を待ちます。今日はなんだか、幸せであるということに素直に喜ぶことができて、先々の不安はありません。体調がよければ、将来の心配事も「なんとかしてみせる」という気持ちになれるものですね。この気持ちを忘れたくない、そう思います。今自分に課せられた役割は何か、それをきちんと見極めて、家族や友人と生きていくことができればそれでいいと思います。それでは「楽しいこと考える係」として、一泊温泉旅行、笑顔で行ってきますね。皆さんもよい連休を!野の花でした。
posted by 野々花 at 18:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月14日

ひまわりになりたい

こんにちは。今日は三連休の前ということで、久々に「楽しいこと考える係」として力を発揮しました。日曜から一泊で洞爺湖温泉に行くことに決定!天気もまあまあのようだし、温泉も楽しいし、無料でかわいい浴衣が借りられ、花火大会があるのです。普段忙しい夫にとって癒やしと気分転換になればと思い、計画しました。家庭内を明るく楽しくするのは妻である私の役目。夫が仕事で大変なときに、よく「何か楽しい話をしてよ」と言われるんです。そんなとき、私はバカをやって夫を笑わせたりしています。これってでも自分に余裕がないとできませんね。でも最近は夫を精神的に支える力がついてきたような気がします。私が笑ってないとだめなんです。私が床に臥していてはだめなんです。私が朗らかであること、それが周囲が幸せであることの条件なんです。私は経済力もないし、小さな人間です。でも、朗らかに存在していることにどうやら意味があるようなのです。だからカリカリしてはいけません。いつも心身に余裕を持って、いつも安定した状態で人に接していけるように努力しています。コンディション作りですね。いつか、夫や両親にとって、ひまわりのような存在になれたらと思います。まだまだ、ですが。さて、三連休、夫と楽しい時間が持てるよう、準備でもしましょうか。笑って、笑わせることができるといいなと思っています。結構私、ひょうきんなんですヨ。野の花でした。
posted by 野々花 at 17:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月13日

幸せと不安

こんにちは。今日は夫が飲み会ということで帰りが遅いので、ひとりで夕食、ではなく、両親を家に呼んで一緒にご飯を食べることにしました。やはり家族がいるというのはありがたいこと。両親と夫がいなければ、働いてもいない私はひとりぼっち。だから家族を大切にしています。でも、不安もあります。このまま両親がいつまでも元気なわけではないし、子どももいないので、家族は減ることはあっても増えることはありません。寂しさに耐える強さを身につけなくてはなりません。社会のなかで生きられるようにならなくては、と思います。今は、寝込むほど体調が悪いわけでなく、かといって働けるほど元気でもない。その中間にいるので、社会に出る準備期間といえるでしょうか。独りでも生きていける強さを身につけなくてはと切に切に思うこの頃、どうしたら強くなれるのだろうかと考えます。大切な家族がいれば、失ったときの大きさも計り知れないでしょう。でもいつかそういうときもやってくるのだから、とにかく、強くならねば、と思うのです。両親の死をきっかけにして病気が悪化する可能性だってあります。それが怖いです。失う怖さと現在のありがたさ。両方をあわせもっています。でも、努力の範囲なんて限られているし、病気の回復は時間と薬に頼るしかありません。だから結局今を大切に生きるしかないんですね。仕事ももてない、子どもももてないこんな私が幸せな結婚生活を送れているのは奇跡的とも思います。幸福を維持すること、これが今努力すべきただ一点なのだと思います。
posted by 野々花 at 17:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月12日

大根菜と故郷について

こんにちは。野の花です。今日は一日、天気もよく、落ち着いた一日を過ごしました。家事があるといえばありますが、自分の時間は持て余すほどあるので、一人でいろんなことをして時間を埋めていました。今日特記すべきことは、大根菜の間引き。秋蒔きダイコンを植えているのですが、しばらくほったらかしにしてあったので間引きをしました。すると大根菜が抱えきれないほど大量に採れました。というわけで、綺麗に洗って、鍋に湯を沸かし、茹でて、切って、ジップロックに詰めました。結構な作業でした。途中、青虫がにょろにょろと出てきたのにはびっくり。そして茹でているときも、一匹の青虫が見つかりました。かわいそうなことをしました。でも、普段の料理の他にこういった作業ができたのは進歩です。明日から大根菜を少しずつ朝食につけたいと思います。トマトも収穫しました。そして小説。なんとか原稿用紙百枚近く書いたので、推敲を。推理小説ならば、どの場面もすべて物語りの伏線でなくてはならないというのは聞いたことがありますが、そうでない普通の小説の場合、エピソードはどのような基準で削除したり書き足すのかなと思い、わかりませんでした。模索中です。テーマは故郷とはなにか。自身の留学体験をもとに、私小説風に描きました。故郷ってなんだろう。どうして人は故郷を失い、また取り戻すのか。様々な理由があると思いますが、帰るべき場所を求め続けるのは人の永遠のテーマかなと。大根菜の処理をしながらそんなことを考えた一日でした。
posted by 野々花 at 18:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月11日

秋の兆し

こんにちは。今日は北海道、雨降りです。午前中は朝からドイツの新聞を一時間、英語の勉強を一時間、合間に昼寝をしました。午後は、実家に帰り、父の仕事のお手伝いをして、帰ってきました。実家まではJRでたった一駅、徒歩含めて20分もかからない距離にあるのですが、自分の足で歩いて電車に乗って行って帰ってこれたことは自分にとっては冒険で、良く頑張ったなという感じです。そして事務仕事をしたのですが、やはり数を数えたり、数字を読み上げたりする作業は苦手でした。ケアレスミスはなかったように思いますが、短期記憶に障害があるので、仕方ありませんね。何はともあれ、外に出ることに対してまだ抵抗があるので、これからどんどん一人で行動できたら、と思います。頭が疲れやすいことはわかっているので、できる範囲で今日のように活動すれば、結構やりたいこともできているし、十分日常生活が送れていると感じます。と書いているあいだに雨が本降りになってきました。一雨ごとに秋になってゆきますね。日の暮れるのが早くなり、空気も冷たい。気がつけば咲いている花の種類も変化している。畑の作物も、サツマイモを残して、みんな終わりに近づいてきています。そろそろ衣替えもしなくては。半そででも秋らしい色のものを着たり、七部丈のものを着たりしています。雷が鳴っている。窓を閉めよう。皆さんも、秋の兆しを生活のあちこちに見つけてみてくださいね。野の花でした。
posted by 野々花 at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月10日

自立した人生を送るために

今日は小説を書いて一日を過ごしました。書かないことには上達しないし、自分を高めるためには、努力、努力。昨日、お年寄りのグループホームを見学して思ったのですが、生涯できれば現役でいたい、と。何も出来なくなってから死ぬまでの時間が長いのは、考えるだけでつらいです。生涯現役でいるためには、今から準備が必要です。何でもいいから打ち込めることをみつけ、ライフワークを最後の最後まで続けるのです。医師の日野原重明さんなど、すごいなと思ってみています。私のまわりにも、80歳近い方で、現役ばりばりの医師をしている方や詩人をしている方がおります。私は、一生続けられるはずだった学問をやめたので、今は詩作や小説の執筆そして語学力の維持がライフワークになっています。80歳まで生きることを考えただけでも、人生まだ半分も生きていない。だから今から一年生をはじめて何かに取り組んだって遅くはないんです。だから私は小説も書きます。詩も作ります。ドイツ語と英語も毎日少しずつ頑張ります。何になるわけじゃない、生涯生き生きと生きたいから、自立して生きたいから、今頑張るんです。私、そうだ、自立して生きたいんだ。そのために、頭と身体を動かすこと。今はまだ病気があるから、心身ともに酷使はできないけれど、私なりに、努力を惜しまない。そう思っています。野の花でした。
posted by 野々花 at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月09日

グループホーム見学

皆さんこんにちは。今日は以前から気になっていた近所のグループホームでお祭りがあったのでのぞいてきました。雨天のため屋内で行われていたので、最初、扉を開けるのは勇気が要りました。でも、ずっと興味があった場所なので、これを逃したらまたしばらく近づけないぞと思い、夫をひっぱって思い切ってドアを開けました。すると、中にはもう居住者の方やスタッフの方がいっぱい。お料理をしたり、お祭りのライブが始まるのを待っている患者さん、スタッフさんでひしめいていました。私たちが行くと、快く迎えてくれ、手作りクッキーやパンフレットなどをいただきました。私の予想に反し、この施設の利用者は高齢者でした。パンフレットによると、認知症患者が入居条件としてありました。そうか、ここは障害者ではなく、高齢者向けのグループホームだったのか、ちょっと期待はずれでしたが、お祭りに参加することにしました。なにせ世間知らずな私なので。認知症の方を直接拝見したのもはじめてでしたし、ボランティアかライブの演奏をしている方やスタッフさんの些細な行動の仕方、表情。すべてはじめてみるものでした。もちろん精神科でもこういうイベントに参加したことはありましたが、普段、道をあるいているだけでは見られない光景でした。私が何かお手伝いできる余地はなさそうでしたが、行ってよかった。社会勉強になりました。いつか、もっと元気になって、誰かを支える側に立てたら、という思いを新たにした野の花でした。
posted by 野々花 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月08日

お料理研究♪

皆さん、こんにちは。野の花です。今日は街へ行ってきました。デパ地下でサラダを三種類買って帰りました。お料理を手抜きするためではなく、研究してレパートリーを増やすためです。うちに帰ると夫と二人、スプーンを持って、ああでもないこうでもないと言って試食しました。まずはポテトサラダ。ニンジンが千切りにしてあって色がきれいだし、紫タマネギやパプリカも入ってる。これは真似しよう。そして極めつけはレタス。これは予想外でした。しゃきしゃき感が出てポテトサラダが美味しくなります。これも真似します。次はカボチャサラダ。あんまり美味しくはなかったのですが、白っぽい何かが入っていました。そこで、カッテージチーズを入れるといいかも、という結論に。最後はかぼちゃときのこのサラダ。揚げてあるようなカボチャに、ゆでてあるようなパプリカやシメジ。市販のドレッシングで和えればこれはこれで結構いける。ということで、試食だけでお腹いっぱいになってしまいました。でも、たまには外食をしたりお惣菜を買ってこうして研究するのも主婦としては大事な仕事かなと思います。年末にホームパーティーを開くので、それまでには数種類のサラダをマスターしておこうと思っています。と言うわけで、今日の晩御飯は試食用のサラダとごはんのみ。といっても結構量はあります。たまにはいいですよね、こういう食事も。楽しい週末を過ごしています。皆さんも良い時間を!
posted by 野々花 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月07日

小さな力

私には力がなくて、一篇の小さな詩を書いても、それがいったい何の力を持つだろうと思う。今日も疲れて、多少の頭脳労働で疲れて、うつらうつらしていました。下を向いてばかり。今日したことは、詩誌『極光』の同人から詩集が送られてきたので、読んでお礼状を書きました。詩作に関する自分の幼さを目の当たりにしました。本当に一年生なんだな、私はまだ。まあ、それで食べていくわけではないので、ゆっくりやればいいですよね。それにしても感性を磨くって難儀だなあと。だって、感覚の鈍麻が病気なわけで、豊かな感性があればそれはもうこの病気ではないわけで。そういう一種のハンディキャップを背負って詩を書くって、やはり大変。でも前にも書きましたが、まさにその感性のリハビリと思えばやりがいもあるのです。苦しい道を歩く甲斐もあるのです。私はまだ小さな詩しか書けません。例えばこんな。でもこの一篇は光ってますよ。読んでみてください。ではでは。

トマト

夏が香る
茎が青い香りを放つ
幼いわたしの記憶がたちのぼる
黄昏という黄金のトマト
摘むと
指先が火のように燃えあがる
ポケットにそっと入れた
夜がやってきた
posted by 野々花 at 18:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月06日

孤独対策

皆さんこんにちは。野の花です。今日は、朝に夫を見送って以来、誰とも口をきくことなく一日が終わりそうです。いつもは両親が短時間でも来てくれるので、だれとも話さないことってあまりないのですが、はあ、やはり人間たったひとりで家にこもって一日を終えるのはよくありませんね。しかも、脳に疲れが見えるせいか、何もする気が起きず。いつもの語学の勉強も詩作も小説もしませんでした。ただ寝てばかりでした。ここ最近頑張りすぎたのだと思います。それにしても、人間って一人で生きていくのはとても不自然、と思います。近所の人とでも会話があってこと自然だと思います。あ、そういえばさっきしつこい新聞のセールスマンを撃退したのでした。思い出した。でも、やはり、誰とも話してない閉塞感があります。ちょっと息がつまりそうです。こういうとき、どうしたらいいのでしょうね。両親に電話もできますが、いつまでも頼れるわけではないのでしません。やっぱり友達でしょうか。友達に助けを求めるのが良いのかもしれません。そうしてみます。まあ、体調がお疲れモードであるということが、閉塞感の原因だとは思いますが、自分の力で打破したい。ここまで元気になってきたので、独りで閉塞感のあるときは、自分でなんとか解決したいのです。やっぱり友達だな。さて、今日も夕食の支度の時間になりました。今日は鶏の唐揚げです。料理でもして気分転換を図りましょうか。皆さんは孤独対策ってありますか。
posted by 野々花 at 17:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月05日

秋の深まり

皆さんこんにちは。最近勉強や詩作など頑張りすぎたせいか、脳に疲れがきています。英語の問題集を解いては眠って、解いては眠っていました。休まなければいけません。今日は夫が少し早く帰宅するというので楽しみにしています。夕食は肉じゃがとカボチャのお味噌汁。自家製のジャガイモを今日もせっせと消費中です。ニンジンは5kgのお米の袋に2袋、ジャガイモは7袋収穫したので、冬を越せそうです。今収穫を待っているのが、サツマイモ。チンゲン菜、春菊など。秋の深まりが楽しみです。秋といえば、セミの鳴き声が消えて今はしきりにコオロギが鳴いています。鈴虫のようなのも鳴いています。着実に変化していく季節を感受性豊かに捉えたいと思っています、詩作のために。感性を育てるには、アンテナを一生懸命に張っていることが必要。病気で鈍化した感覚器を呼び覚まそうとしています。話変わって、さきほど郵便受けにチラシが入っていたんですが、この近くにあるグループホームでお祭りをやるという内容。どんな障害の方が入居しているのか、興味があるので行ってみようかなと思います。ちょっと勇気が要りますが、夫を引き連れてのぞいてこようと思います。私は介護や看護の資格を持っているわけではないので何も出来ないとは思うのですが、それでも近づいてみたいという気持ちがあるので。さて、外はすっかり暗くなりました。そろそろ炊飯器のスイッチを入れましょうか。皆さんも秋の気配を感じ取ってみてください。微細な発見があるはずです。それでは、また明日。野の花でした。
posted by 野々花 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月04日

自然の恵み

こんにちは。まだまだ暑いですね。でも北海道は夜になると涼しい風が吹き、コオロギの鳴き声も聞こえてきて、少しずつ秋に向かっているのを感じます。今日は朝からいつものように、語学の勉強や詩作を頑張っていたので、少々疲れました。ふう。やっぱり無理は利かないのです。それを思い知らされました。家事や畑などの肉体労働は平気なのですが、やはり頭脳労働が無理できません。脳の病気なのだから仕方ありませんね。夕方、脳が疲れたなあとどんよりしていると、友達から電話が。一時間ほどたわいもない会話をしていたら、元気になりました。何事もバランスが大事なのかもしれません。と言っていると、もう午後七時です。晩御飯の支度をしなくては。今日はいわしを食べます。付け合せの野菜はポテトサラダにトマトサラダ。それに豆腐とワカメの味噌汁です。収穫の秋。うちの畑でも、ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、キュウリ、トマトなど豊富に採れたので、それらの野菜を追われるように食べています。収穫した野菜が豊富にあるのを見ると、豊かだな、と思います。本当の豊かさって、こういう一次産業的な、人間の一番根本にある畑の恵やなんかにあるのかもしれないと思います。今年の夏は長いため、スーパーでもトマトやキュウリが山のように並んでいますよね。それをみて、豊かだなと感じます。自分の家で畑をやってその収穫を得られるというのは贅沢なことかもしれません。さて、夕食の支度です。食糧の恵に感謝して作ります!
posted by 野々花 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月03日

再び人間らしさを

皆さんこんにちは。今日はニンジンの大収穫でした。畑のニンジンは独特の香りがします。そして二又に分かれたもの、曲がっているもの、裂けているもの、様々な姿のニンジンがありました。綺麗なまともなニンジンなんて少ないほうです。水の加減などが難しい作物なのでしょう。ところで、私の体調はといえば、好調が続いています。おとといお会いした方にも「はじめて会ったときよりずっと元気にみえる」と言われましたし、最近そう言ってくださる機会が多いです。治験のせいでしょうか。畑をやっているお陰でしょうか。虚無感がなくなり、することがいくらでも見つけられるのです。だから時間を持て余すことがありません。かつては何もしないで一日が終わることが多く、人間らしさの欠乏を嘆いていました。でも今は、とても人間らしく生きている気がします。喜怒哀楽もきちんとあるし、何より喜びを感じて生きています。ニンジンの収穫や小説や詩を書く喜び。旅行という楽しみ。やはり治験薬の効果なしには考えられません。とはいえ、まだ無理は利かない身体です。油断はなりません。毎日、家事に始まり、語学の勉強、詩作、小説、畑、昼寝と充実しています。これが続けばよいなと思います。若い頃に病気で散々苦労したから、年を取るごとに花が開くのかもしれません。いや、花なんて咲かなくてもいいんです。小さなこの幸せがあれば。収穫の秋、私はたくさんの恵をいただいています。皆に守られて。
posted by 野々花 at 18:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月02日

眼を開いて

午後五時を過ぎても、室内は31℃を越えていた。節電、節電、と言う夫に従って、エアコンはつけない。朝から、昨日の詩の授業を思い出すと、新たなインスピレーションを得ようと、早速畑に出てみた。何かを感じ取るには、観ようとする眼を養い、その眼を常に開いていないといけない。ちょっとしんどい作業だ。それでも一日一つでも自然のなかに感動を見つけようと眼を凝らした。収穫の終わった畑。野良いもやニンジンの葉が無造作に転がっている。そして母の胎を開いた大地がふたたび閉じあわされようとしている。産褥の大地。役目を終え、眠りにつこうとしている大地。それを詩にした。小さな作品だ。それにしても昨日先生に推敲してもらった詩はすばらしかった。詩とは本来音楽が聞こえてきそうな言葉の芸術なのだ。今日の作品にはそんな芸術性を与えることはできなかったが、いつか、美しい輝くような言葉を紡げるようになりたいので、明日も畑に出て、自然から何かを得てこようと思う。畑があってよかった。家に閉じこもっていたら何も感じることができないから。外に出ることは大事。引きこもっていた私がいつの間にか少しずつ外の世界に興味を持ち始めている。進歩だ。こうして私は病気に打ち勝ち、やがて克服していくのだ。今、詩作一年生だけど、一年生をやるってかなりしんどいけれど、負けてはならない。諦めるには足りない。毎日眼を大きく開いて、好奇心をかきたて、観るのだ。
posted by 野々花 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年09月01日

リハビリとしての詩作

皆さん、こんにちは。野の花です。今日は詩の勉強会に参加してきました。原子修先生という詩人のお宅で、生徒三人、詩を持ち寄って、推敲をしていただき、たくさん詩作のアドバイスをいただきました。原子先生は全国区のすごい先生なのに、詩作一年生の私のような者にも、真摯に向き合い教えてくださいました。先生の人に接するときの謙虚な姿勢のようなものに感銘を覚えました。私は畑のトマトを題材にした詩を書いて持っていったのですが、推敲するととても良い詩になった、と言ってくださり、先生自ら直筆で推敲した詩を書いてくれました。宝物です。私の場合、学者の観念的なところをまず捨てるように、と言われました。私のこれまでの詩はどれも観念的だと。そして感性を磨き、それを表現することを身につけることが大事、と。それには実体験、現実の体験から得た感動を詩作の素材として選び、素材を観察し、調べるのだと。芸術は術とあるように技術なのです、とおっしゃっていました。私はこの年齢にして詩作一年生ですが、頑張ろうと思いました。次回の勉強会にも必ず作品も持ってくるように言われました。書きます。こんなに真剣に指導してくださる先生が傍にいるのだから。でも、感性を磨きなさいといわれたとき、病気の陰性症状を思いました。感情や感性が鈍化するのが私の病気。酷だな、と思いました。でも、裏を返せば、詩作をすることで、精神の瑞々しさを取り戻すリハビリになるのではないだろうかと思ったのです。だから、リハビリとしての詩作、続けようと思います。今日は人の集まりに行って来れました。大きな進歩です。また畑に素材を探しに行こうっと。
posted by 野々花 at 17:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年08月31日

故郷はどこにあるの

少しずつ秋の気配。今日は暑さもやわらぎ、過ごしやすい一日でした。午前中は英語やドイツ語を勉強し、午後は小説を書き進めていました。留学中のドイツが舞台のお話なのですが、奇想天外なエピソードはたくさんあって、それを書き出していくだけでもうかなりの枚数になりました。でも一つの作品としてまとめるとき、どういう視点、どういうテーマで書くかが問題になります、当然ながら。ラブストーリーではあるけれど、きっとそれがメインではなくて、病気の悪化による精神の崩壊の過程、それもメインではなくて、今のところのキーワードは「故郷」かなと思っています。どこに住んでどこで生活していても、国籍がどこであっても、人は元来故郷というものを求めて生きている、そんな気がします。私はドイツで故郷を一度見失いました。帰る場所を捨てて生きることが強さなのだと思い込んでいた時期でした。とても寂しい、厳しい人生でした。そのことを書けるかな、と。まだわかりませんが。ミュンヘンは国際都市でしたから、移民も、難民も、たくさんいました。そういう人たちとのふれあいのなかで、私は日本という恵まれた国から距離をとるようになりました。何故そうしたのか。恋人の影響でしょうか。もっと自分をみつめなくてはなりません。ミュンヘンに行ってから十二年が経ちます。辛い経験をやっと今、振り返ることができはじめています。
posted by 野々花 at 17:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年08月30日

複数を並行して

こんにちは。今日は朝から張り切って小説を書いていました。熊本の詩人の方からハガキをいただき、私を勇気づけてくださったので、それがモチベーションアップにつながりました。頑張らなくてはと。詩は頑張ってもかけません。偶然降りてくるのを辛抱強く待つより他ないのです。小説は違います。書いて書いてとにかく書く。まだ小説とは何かわからないけれど、一人称で主人公の心情の細やかな変化をたくみに描くことを私の目標および特長としたいと思いました。そういうタイプの作品が合っていると思うからです。大量の取材を要する社会派や時代ものではなく、心の移ろいを丁寧に描くタイプの小説です。私は字が読むのが苦手で昔から長文は読んでこなかったので、読んでいない者に書けるのかといわれれば疑問が残りますが、とにかくレベルは低くとも、やるのです。書く以外に先に進む術はありませんから。飛び級は出来ませんから。それにしても、この年で一年生をやるのもしんどいことです。詩とてほとんど一年生ですが、どちらにせよ、積み重ねですからね、何事も。学問を捨てたということの大きさを思います。芽がでるまで五年や十年は当たり前にかかるでしょう。でも、はじめなければ芽も出ません。だから人生長いし、挑戦するのです。もう一つは、複数のことを同時に続けること。小説だけじゃなく、詩だけじゃなく、ドイツ語も英語も毎日少しずつ継続する。並行して何でもやるんです。どれも一生かかることにかわりはないのですから。主婦業もね。野の花でした。
posted by 野々花 at 19:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年08月29日

小さな夢、見つけた

皆さんこんにちは、野の花です。今日は幾分涼しく過ごしやすい日中でした。午前中に、近所にスーパーに行ったのですが、なんとシャッターが下りたままで「倒産しました」と張り紙が。びっくりして帰ってきました。徒歩や自転車で行ける範囲でスーパーがなくなったことになります。困りました。これから買い物どうしよう。週に一度は夫の車でいけるのですが、あと一回はなんとかしなくてはなりません。車の運転ができない私。JRで一駅乗っていくか、冷凍覚悟で買い物は週一にするか、宅配サービスを利用するか。思案中です。午後は、良いこともありました。ニンジンを収穫したのです。袋いっぱいのオレンジ色のニンジン。中には形の悪いものもありましたが、収穫はなんといってもうれしい作業です。そうそう、近所のコンビニに行った帰り、あることを思いつきました。障害者のグループホームが家のすぐ近くにあるのです。入所して居る方と通所介護を受けている方がいるようです。私、もっと元気になったらその施設に通って何かできないかな、と思ったのです。よくその施設では夏祭りなどの行事をするらしく、うちにもチラシが入っていたこともありました。私、ピアノ弾けるし、障害者の苦しみは多少は知っているつもりだし、障害者の方たちと一緒に過ごして何かお手伝いできないかな、などと思いました。それとも資格がないと何もできないのかな。でも、これは近所を歩いて見つけた私の小さな夢です。案外人生って灯台下暗しかもしれませんね。
posted by 野々花 at 17:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。