ad_poem.png

2013年01月02日

あけまして

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。主婦は年末年始、大忙しです。料理に追われ、くたくたです。親戚、友人など人に会う機会も多く、大変疲れてきました。家族でのんびりするということは、主婦が働くということでもあり。いやいや、でも夫と久しぶりにのんびりできて幸せは幸せなんですけどね。こうして忙しく動き回れるということも、元気になった証拠です。感謝しなければなりません。昨日は私の実家へ。久しぶりに大好きな妹に会いました。今日は夫の実家へ年始の挨拶に。晴れていたので、雪かきの仕事がなかったのが幸いでした。しみじみ思うのは、主婦として、大人として、一通りのことができるようになってきたなということ。パーティーを開き友人をもてなしたり、大みそかや年始のお料理を作ったり、親戚のところへ行ったり。病気がここまで治ってきたことに幸せを感じます。そして人に囲まれて生きていることにありがたみを感じます。子供がいないのでその点だけは、心許なさみたいなものもありますが。今年の抱負は、翻訳の仕事をして少しでも家計を助けること。その一点です。夏くらいを目標に始めたいと思っています。それまでは安定した体調づくりですかね。みなさんは今年の目標何ですか。このブログもまたぼちぼち更新していきますので、よろしくおねいがいいたします。
posted by 野々花 at 17:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月30日

ホームパーティー

皆さんこんにちは。今日は友人を家に招いて、年に一度のホームパーティーを開きました。合計8人分、お料理頑張りました。好評だったのが春巻き。何度か練習をして臨んだのがよかったです。他に、ポテトサラダ、煮物、から揚げなど、テーブルにいっぱい並べました。4時間くらいのパーティーでしたが、少々疲れたものの、身体ももちました。高校時代からずっと一緒だった友人の一人は赤ちゃんをつれてきて、なんだか感激しました。お母さんになった彼女がまぶしくて。でも子供を育てるってエネルギーが要るなと、私には無理だろうなあと感じました。皆遠くから久しぶりに集まってくれ、嬉しかったです。友人がいるというのはありがたいことです。それをしみじみ感じました。みなさんもよいお年をお迎えくださいね。それでは。野の花でした。DSCN4200.JPG
posted by 野々花 at 17:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月28日

仕事納め

こんにちは。今日も朝からお弁当作り、雪かき、翻訳とびっしり忙しく活動していました。今日は仕事納め、という人も多いのではないでしょうか。うちの夫もそうです。まあ、主婦にしてみればこれからが本番ですけどね。年末のホームパーティーにお正月の料理。大変です。大掃除ではないですが、トイレやお風呂場の掃除も終えました。すっきりした気持ちで新年を迎えたいので。明後日、友人を呼んでホームパーティをするのですが、全部で八人の予定。おもてなしメニューは春巻き、鶏のから揚げ、ポテトサラダ、煮物など。明日、年末最後の買い物に出かけて、その後、料理の準備にかかります。文字を読むのは苦手でも、料理は楽しんでできます。人に食べてもらうのだから、いいものを使って、楽しくしようと思います。こちらは雪がすごいので、雪かきも一日に何度もしなければなりませんが、いい運動になっています。今年はいろんなことがあったけど、体調がぐんとよくなったので、いろんなことに挑戦できました。来年の目標は、ある程度本格的に仕事として翻訳を始めることです。そのためにも体調がよくなければなりません。体調の波があるのではなく、できるだけいつも一定の調子でいたいものです。今年は家族だけでなく、友人にもたくさん支えてもらいました。このブログを読んでくださっているみなさんにも感謝したいと思います。さて、今日も夫の帰りが遅いので、また雪かきでもして待っていましょうか。
posted by 野々花 at 12:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月25日

眼に見えぬ障害

元気になってきた最近、自分が障害者二級を持っている意味は訳は何だろうと考える。精神障害は身体障害に比べて、目に見えにくい障害だ。私のような統合失調症の場合、自分のどこが障害なのか、客観的に把握し、言葉で表現することが難しいと感じる。認知機能障害と一言でいえるのだろうか。幻覚・妄想は明らかにそうだ。私は幻覚症状はなくなってきているが、やはり一番大きかった障害は、文字を読むことと数字を数えることの二つだろうと思う。たとえば、政治や社会問題を論じるときに自分の意見ひとつ持てないのは、文字を読む機能に障害があること、そして病気故に社会に関われていないことに尽きると思う。特に新聞や雑誌、インターネットを駆使し、さまざまな問題に意識を持ち、情報を得、考えることができなかったことは悲しい。精神科に通って十五年になるが、その間、文字を読むことに障害を抱えていたことは極めて大きなハンディだと感じる。博士号を取得したと言うのが恥ずかしいほどだ。でも今でもそのハンディを抱えて生きていることにかわりはない。自分が社会問題等に無知でいることに羞恥心を感じるが、少しでも自分の問題として物事を考えて生きていきたい。たとえば精神障害を抱えて生きるにあたっても、何かしら社会にかかわっているはずだから。考える力は情報を選り分け整理する力。多くの情報を得る力はないけれど、まずは自分の足元から、まずは何が問題なのかを考えていきたい。そして障害を受けていない脳の部分(たとえば翻訳能力)を活性化し、ますます鍛えていきたい。
posted by 野々花 at 17:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月24日

Kのイベント

今日はクリスマスイブですね。何事もなく過ごす予定でしたが、ちょっと気になっていたKというアーティストが札幌に来るということで、札幌ファクトリーにライブイベントに行ってきました。FMのラジオ公開収録のあと、三十分ほどのライブイベント。有名な「Only Human」など生演奏を聴いてきました。うーん、感想はですね、CDで聴いていたときと変わらず。努力して技術を磨いてきたのはよくわかる。真面目で、頑張ってきた人なんだろうって。でも、スターであるかどうか、というと、何かが欠けてる。カリスマ性というか、オリジナリティというか、努力ではカバーできない部分、本質的なところの魅力が足りない。まあ、あまり売れてないのは納得できました。どんな分野でもそうですが、人より頭一つ出ることだけでも大変なことなのに、スター性って、圧倒的なすごさって、努力だけでなんとかなるものではないなと思いました。Kを見ていてそんなことに思いをはせました。歌はうまい、ピアノもうまい、ルックスもいい。だけど、最後は人間の奥深さとか奥行だと思うんですよね。そういう面の魅力が足らなかった。でもなんだか等身大の若者という感じで好感は持てたし、「もっと頑張れよ」と言いたくなるような人でした。なんだかタレントの関根麻里と熱愛報道されてますよね。いいプロモーションになったのならよかったんじゃない。というわけで、今日は夫と二人、楽しいホワイトクリスマスでした。
posted by 野々花 at 18:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月21日

何かに慄いている

こんにちは。三連休ですね。世の中はクリスマスですか。うちは特にケーキを食べるでもなく、ツリーを飾るでもなく。夫が仕事大変なのでゆっくり休ませてあげたいというくらいでしょうか。私も日々の翻訳の疲れか、身体がだるいです。それでも、心のどこかに社会に向けて何かを発信したいという気持ちがあるんです。自分の存在を、不安で震えている私の魂を、空にめがけて放ちたいと思う自分がいるのです。何の不安でしょうか。何への畏れでしょうか。震えている魂がいるのです。本当は一人であるという孤独でしょうか。それとも老いへの不安でしょうか。わかりません。何か言葉にできないものを感じているようで、表現することで解き放たれるような何かを抱えている。そんなときは詩を書くのがいいのかもしれません。自分をもっともよく言い表せる手段は、こういうときに発揮されるのだと思います。日中いつも私は一人なので、こういう心境になっても誰かに語れるということがありません。夫の帰りは遅いし、疲れて帰ってくるので。どのみち内的な問題は自分でしか解決できませんね。人間は一人であるということ、それに慄いているようです。そんな日もある、か。孤独は言葉にするしかない。そうして乗り越えるのだと思います。野の花でした。
posted by 野々花 at 16:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月20日

着々と

皆さんこんにちは。昨日は通院日でした。調子が良いと伝えると、よくなったり悪くなったりするのではなく、いつもある程度の体調を維持することが次の目標であると言われました。なるほど。まだ波があるのは確かで、波があると安定的な労働もできませんし、まだまだなのかもしれないと思います。日々翻訳を頑張って、その上に外出の機会などがあると、疲れて「もう頑張れない」という状態に陥ります。先日も、諸の勉強会があって行ってきたのですが、帰りのJRのなかで「もうこれ以上頑張れないよ」と夫に泣きついてしまいました。昨日は翻訳をお休みし、ゆっくり休みました。やはり中長期的に頑張るエネルギーはまだないようです。今日も午後はゆっくりしようと思います。体力ぎりぎりまで働いて夜遅く帰ってくる夫がいかに日々大変な思いで働いているか想像がつきます。フルタイムで労働するというのは、本当に大変なこと。でもいつか私だって、と思います。そして詩も頑張ろうと思っています。自分の自己表現の手段を磨くというのはとても重要なことのように思います。翻訳で力を発揮するだけでなく、自分の思想や考えを伝える手段を培って自己実現をはかるのです。表現すること、それは私にとって書くことです。詩の技術を磨き、社会へ何かを発信していけたらと思っています。毎日、努力ですよね。でもその努力が、建設的な人生を組み立てているような感覚をもたらしてくれ、とても心地よいのです。今日もまたひとつ何かを積み上げたような気がします。
posted by 野々花 at 12:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月17日

私たちの未来

皆さんこんにちは。選挙から一夜明け、結果にがっくりとしているところです。予想通りではありましたが、これからの日本がどうなっていくのか、恐ろしい気持ちがします。憲法は改正されるのでしょうか。徴兵制が敷かれることになるのでしょうか。急速には変わらなくとも、右傾化していることは間違いありません。福島原発のことがあったのに、それでも原発は止まらないでしょう。そして選挙民の目を節穴にしたのは教育の賜物にほかならりません。暗澹たる未来。それでは今の自分に何ができるでしょう。それを考えなければなりません。詩をひとつ書きました。現状を変える力はなくとも、一市民として思うことを詩にしました。読んでください。これが私にできる唯一のことだと思うからです。

靴音

未来から
軍靴の音が聞こえてくる

昨日はスニーカーを履いていた子供たちの
不慣れな行進の足音だ

しなやかな足に編み上げ靴を履き
柔らかな肩に殺人兵器を背負う

腕を上げ一、二 足を上げ一、二

号令が
震える子供たちの身体を打つ

次第に数を増す靴音に
子供たちは偽りの勇気を胸に飾り

赤色に染まってゆく土の上を
冷徹な規則正しさで進んでゆく

腕を上げ一、二 足を上げ一、二

地下水脈のように続いていた
人間たちの獣性

慄く私たちの視線の彼方に
黒い夜明けの太陽が昇る

耳を苛む靴音は
鳴り止まない

posted by 野々花 at 16:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月16日

投票に行きましょう

投票日ですね。こちら札幌は雪です。右傾化する日本を止められないとしても、投票に行って自分の意思を投じます。憲法改正、徴兵制。恐ろしいことを考える人たちがいますね。なんとしても止めなければ。今日は午後から詩の合評会に行きます。詩の先生が言うのですが、目の前の問題から目をそらしてはならないと。原発の問題、社会保障の問題、憲法改正の問題、現代が抱えているさまざまな問題を直視してこそ「現代詩」なのだと言います。言葉遊びが詩なのではないと。私はどちらかというと政治にうといのですが、いや、今の日本でそんな悠長なことは言っていられませんが、自分の頭で考えなくてはなりません。詩を作るのも、常に社会を見据え、そこに挑んでいく覚悟を持たなければなりません。社会に出て働いていないからと言って、社会と寸断されていると感じているからと言って、自分には関係ないということは絶対にありません。たとえば、毎日食べている野菜や魚、どこで獲れていますか。放射性物質は含まれていませんか。もしTPPに参加したら、今食卓に並んでいる食糧の値段はどうなりますか。そして、私たちに最も身近な社会保障。議論そのものが蔑ろにされていますね。障害を持つ者たちはこれからどうなるでしょう。みなさん、投票に行きましょう。自分の頭で考えて行動しなければ。
posted by 野々花 at 09:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村

2012年12月13日

もう少しで飛び立てる

気がつくと、今日の翻訳作業もおしまい。朝から頑張りました。いつもドイツ語翻訳のお仕事をくださる先生から昨日に引き続きちょっとしたお仕事をいただき、あわただしい一日でした。午後になって仕事がひと段落すると、以前にこれまた翻訳をさせていただいた大学の先生のことを思い出し、思い切ってメールを書きました。またお仕事があればということで。私、知らず知らずのうちに仕事復帰しつつない?そうなんです。少しずつ、今日のように営業メールを出したり、無意識にというか自然と仕事へ向かっている気がするのです。まだまだ体調は万全とはいかないけれど、やはりつかれやすいことは否めないけれど、体力だって気力と同様に少しずつついてきているようなのです。もちろん、気晴らしもしてます。今は第一に雪かき。第二に料理、掃除などの家事、第三にfacebookなどのインタネット。第四にテトリスなどのゲーム。結構やることあるんです。元気になるにつれて、いろんなことができ始めてきます。疲れがたまらないように気をつけて日々を楽しみつつ、頑張っています。今日の夕食は鶏のから揚げ。下準備もできています。やはり、こうした意欲の回復は今の治験薬に負うところが大きいでしょうか。もう少しで飛び立てる。その準備を今するときなんだ。そう思っています。詩も着々とやっていきます。今度は何を歌おうかな。私は今、何を見て何を感じているのだろう。
posted by 野々花 at 14:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ応援してくださる方クリックお願いします
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。